*一部表示できない項目がございます。
詳細につきましては仕様書PDFをご参照ください。


18AT

ラック収納形DCS用変換器 18・RACK シリーズ

カップルリミッタラーム

主な機能と特長
●各種熱電対を検出端とする、ラック(ネスト)収納形DCS
(Distributed Control System)用のカップルリミッタラーム

形式:18AT-①②-R③

価格
基本価格 50,000円

ご注文時指定事項
・形式コード:18AT-①②-R③
 ①~③は下記よりご選択下さい。
(例:18AT-25-R/BL)
・入力レンジ(例:0~800℃)
警報出力信号コード0の場合は、仕様伺書(図面番号:
NSU-1033)をご利用下さい。

①入力信号(熱電対)
1:(PR)(測定範囲 0~1760℃)
2:K(CA)(測定範囲 -270~+1370℃)
3:E(CRC)(測定範囲 -270~+1000℃)
4:J(IC)(測定範囲 -210~+1200℃)
5:T(CC)(測定範囲 -270~+400℃)
6:B(RH)(測定範囲 0~1820℃)
7:R(測定範囲 -50~+1760℃)
8:S(測定範囲 -50~+1760℃)
N:N(測定範囲 -270~+1300℃)
0:上記以外

②警報出力信号
1:上限警報(警報時リレー励磁)
2:上限警報(正常時リレー励磁)
3:下限警報(警報時リレー励磁)
4:下限警報(正常時リレー励磁)
5:上下限警報(警報時ON、停電時および正常時OFF)
(コネクタには出力されません)
6:上下限警報(正常時ON、停電時および警報時OFF)
(コネクタには出力されません)
0:指定警報動作

供給電源
◆直流電源
R:24V DC(許容範囲 ±10%、リップル含有率 10%p-p以下)

③付加コード
◆バーンアウト
無記入:バーンアウト上方
/BL:バーンアウト下方
/BN:バーンアウトなし

機器仕様
構造:ラック収納形、前面端子および後部コネクタ接続構造カード形、端子カバー付
接続方式
・入力:M3.5ねじ端子接続(締付トルク 0.8N・m)
・警報出力:M3.5ねじ端子接続(締付トルク 0.8N・m)
  およびコネクタ接続
・電源:コネクタより供給
端子ねじ材質:鉄にニッケルメッキ
アイソレーション:入力-出力-電源間
リレーの構造:密閉形
設定:多回転トリマ(前面から設定可)
設定範囲:-5~+105%(前面から設定可)
冷接点補償:冷接点センサを入力端子に密着取付(ただし、B熱電対の場合は冷接点補償なし)
ヒステリシス:約1%
モニタランプ:赤色LED リレー励磁時点灯

入力仕様
入力抵抗:20kΩ以上
バーンアウト検出電流:0.1μA
製作可能範囲
スパン:3mV以上
入力バイアス:入力スパン(起電力)の1.5倍以下 
・(PR):最小スパン 約370℃以上
・K(CA):最小スパン 約75℃以上
・E(CRC):最小スパン 約50℃以上
・J(IC):最小スパン 約60℃以上
・T(CC):最小スパン 約75℃以上
・B(RH):最小スパン 約780℃以上
・R:最小スパン 約360℃以上
・S:最小スパン 約380℃以上
・N:最小スパン 約110℃以上

出力仕様
■リレー接点
定格負荷
・前面端子:30V DC 1A(抵抗負荷)
  120V AC 1A(cosφ=1)
・後部コネクタ:30V DC 0.2A(抵抗負荷)
  120V AC 0.2A(cosφ=1)
最大開閉電圧:120V AC 30V DC
最大開閉電力
・前面端子:120VA(AC) 30W(DC)
・後部コネクタ:24VA(AC) 6W(DC)
最小適用負荷:5V DC 10mA 
機械的寿命:5000万回以上

設置仕様
消費電力
・直流電源:約80mA
使用温度範囲:-5~+55℃
使用湿度範囲:30~90%RH(結露しないこと)
取付:ネスト(形式:18BX□または18KBX□)に収納
質量:約150g

性能(スパンに対する%で表示)
動作点の再現性:±0.1%
冷接点補償精度:20±10℃において
・K、E、J、T、N熱電対:±0.5℃
・S、R、PR熱電対:±1℃
温度係数:±0.015%/℃
(R、S、PRは400℃以上、Bは770℃以上)
応答時間:0.5s以下(90%設定時の0→100%入力)
バーンアウト時間:10s以下
電源電圧変動の影響:±0.1%/許容電圧範囲
絶縁抵抗:100MΩ以上/500V DC
耐電圧:入力-出力・電源間
1500V AC 1分間
出力-電源間
500V AC 1分間
入力・出力・電源-大地間
1500V AC 1分間

パネル図

外形寸法図(単位:mm)

端子番号図

ブロック図・端子接続図

© 2011 株式会社エム・システム技研