*一部表示できない項目がございます。
詳細につきましては仕様書PDFをご参照ください。


BA3-ML1

リモート制御・監視システム BA3 シリーズ

マスタカード
(LonWorks用)

形式:BA3-ML1

価格
基本価格 125,000円

ご注文時指定事項
・形式コード:BA3-ML1

関連機器
・XIFファイル(外部インタフェースファイル)
LonWorks機器をLonMakerで設定する場合、その機器を定義するXIFファイルが必要です。
・LNSプラグインソフトウェア(形式:BA3L1PLG)
XIFファイル、LNSプラグインソフトウェアは、弊社のホームページよりダウンロードが可能です。

LonWorks動作環境
・インテグレートツール(LonMaker Turbo Edition Ver.3.2以降+LonMaker Turbo Service Pack1以降)
・リソースファイル(LonMark Resource File Ver.13以降)

機器仕様
接続方式
・通信部およびRUN接点出力:コネクタ形ユーロ端子台
・内部通信バス:ベース(形式:R3-BS□)に接続
・電源部:ベース(形式:R3-BS□)より供給
ハウジング材質:難燃性樹脂
アイソレーション:LonWorks・内部通信バス・内部電源・FG-
RUN接点出力間
停電記憶:ネットワーク変数の値を不揮発性メモリに記憶(Ver 0.22以降)
・データ書換回数:10万回
・データ保持特性:10年(20℃)
■RUN接点出力仕様
定格負荷:100V AC 0.5A(cos φ=1)
30V DC 0.5A(抵抗負荷)
最大開閉電圧:250V AC 220V DC
最大開閉電力:62.5VA(AC) 60W(DC)
最小適用負荷:10mV DC 1mA
機械的寿命:5000万回

LonWorks仕様
ネットワーク変数:側面のディップスイッチにより設定
入力512 点、出力512 点(最大)
対応ネットワーク変数のアクセス方法:バインド(アクセスノードは64ノードまで)
ニューロンチップ:FT3150
(NeuronID はスペックラベルの下に数字とバーコード
(peel-off code39 フォーマット)で記載、シール2枚添付)
トランシーバ:FT-X1(FTT-10A相当品)
・伝送速度 78kbps
・より対線使用
・伝送距離 バストポロジ:900m、フリートポロジ:500m
・最大ノード数 64個/チャネル(同一バス内)
状態表示ランプ:RUN、ERR、TX/RX、SVCE、ONLINE
操作スイッチ:
・サービススイッチ:LonWorksのネットワーク構成時の
 ノード認識に使用
・リセットスイッチ:リセットを行う場面に使用
注)ただし、リセットが完了して回復するまでは制御動作が停止
 しますので、十分に安全確認を行ってから押して下さい。

設置仕様
消費電流:60mA
使用温度範囲:0~55℃
使用湿度範囲:30~90%RH(結露しないこと)
使用周囲雰囲気:腐食性ガス、ひどい塵埃のないこと
取付:ベース(形式:R3-BS□)に取付
質量:約200g

性能
絶縁抵抗:100MΩ以上/500V DC
耐電圧:
LonWorks・内部通信バス・内部電源・FG-RUN接点出力間
1500V AC 1分間

パネル図

通信ケーブルの配線

外形寸法図(単位:mm)

ブロック図・端子接続図

システム構成例

© 2011 株式会社エム・システム技研