*一部表示できない項目がございます。
詳細につきましては仕様書PDFをご参照ください。


17WT

ラック収納形電力用トランスデューサ 17・RACK シリーズ

電力トランスデューサ

主な機能と特長
●VTとCTからの信号を入力して有効電力を演算
●電力の潮流系統でも使用可
●出力信号はコンピュータ入力に適した低リップル直流信号
●不平衡負荷の検出に適した2電力計法を採用
●ひずみ波に強い時分割乗算方式
アプリケーション例
●工場、ビル設備などの工程別消費電力の管理
●撹拌機用モータなどの電力を測定して反応状態を知るセンサとして利用
●SCR負荷の電力測定

形式:17WT-①②6-R

価格
基本価格
三相3線式 50,000円
単相2線式 45,000円
単相3線式 50,000円

ご注文時指定事項
・形式コード:17WT-①②6-R
 ①、②は下記よりご選択下さい。
(例:17WT-116-R)
・入力レンジ(例:0~980W)

①種類
1:三相3線式
2:単相2線式
3:単相3線式

②入力信号(不平衡回路用)
1:110V/5A AC
2:110V/1A AC
3:220V/1A AC
4:220V/5A AC
A:100V/200V/1A AC(単相3線式のみ)
B:100V/200V/5A AC(単相3線式のみ)

出力信号
◆電圧出力
6:1~5V DC(負荷抵抗 5000Ω以上)

補助電源
◆直流電源
R:24V DC(許容範囲 ±10%、リップル含有率 10%p-p以下)

機器仕様
構造:ラック収納形、前面端子および後部コネクタ接続構造カード形、端子カバー付
接続方式
・入力:M3.5ねじ端子接続(締付トルク 0.8N・m)
・出力:コネクタ接続
・補助電源:コネクタから供給
端子ねじ材質:鉄にニッケルメッキ
アイソレーション:電圧入力-電流入力-出力-補助電源間
動作方式:時分割乗算
出力範囲:約-10~+120%
ゼロ調整範囲:-5~+5%(前面から調整可)
スパン調整範囲:95~105%(前面から調整可)

入力仕様
周波数:50/60Hz共用
●電圧側
動作入力範囲:定格電圧の0~120%
過電圧強度:定格電圧の1.5倍(10秒)、1.2倍(連続)
●電流側
動作入力範囲:定格電流の0~120%
過電流強度:定格電流の10倍(3秒)、2倍(10秒)、1.2倍(連続)
■入力レンジ
VTおよびCTを外付けした場合、
電力トランスデューサ入力〔W〕=一次側の定格電力〔W〕÷
{(VT比)×(CT比)}
で算出した値が、表中の製作可能入力範囲内であれば製作可能です。
(例)三相3線にて一次側の定格電力が75kWで、VT 220V/110V、CT 250A/5Aである場合は
75×103〔W〕÷{(220÷110)×(250÷5)}=750〔W〕
となるので製作可能です。
すなわち、次の表(三相3線)で電圧 110V、電流 5Aのとき、製作可能入力レンジは500~1200Wであり、750Wはこの範囲に入っています。

出力仕様

設置仕様
補助電源
消費電流:約40mA
使用温度範囲:-5~+55℃
使用湿度範囲:40~85%RH(結露しないこと)
取付:ネスト(形式:17BXE)に収納
質量:約200g

性能(スパンに対する%で表示)
許容差(温度、周波数の影響を含む):±0.5%
・温度の影響:23±10℃
・周波数の影響:45~65Hz
応答時間:2s以下
(最終定常値の±1%以内に収まるまでの時間)
出力リップル:1%p-p以下
補助電源電圧の影響:±0.1%/許容電圧範囲
絶縁抵抗:100MΩ以上/500V DC
耐電圧:出力-補助電源間 500V AC 1分間
 電圧入力-電流入力-出力・補助電源間
 2000V AC 1分間
 電圧入力・電流入力・出力・補助電源-大地間
 1500V AC 1分間

端子接続図

外形寸法図(単位:mm)

端子番号図

© 2011 株式会社エム・システム技研