*一部表示できない項目がございます。
詳細につきましては仕様書PDFをご参照ください。


71M4-S2

ゲートウェイ71 シリーズ

RS-232-C/RS-485 プロトコル変換器
(パナソニック製無線センサWR10専用)

主な機能と特長
●WR10のマスタ機器として機能
●Modbusスレーブデバイスとして機能
●WR10親機から子機の温・湿度データと電池残量信号を読出し、Modbusマスタからクエリに応じてデータをレスポンス
●弊社フィールドロガーTL2シリーズとの接続可能

形式:71M4-S2-①/0003

価格
基本価格 40,000円
加算価格
100V AC(ACアダプタ付)+8,000円

ご注文時指定事項
・形式コード:71M4-S2-①/0003
①は下記よりご選択下さい。
(例:71M4-S2-BR2/0003)

①供給電源
◆交流電源
BR2:100V AC(ACアダプタ付)
(許容範囲 100V AC±10% 50/60±2Hz)
◆直流電源
R:24V DC(許容範囲 ±10%、リップル含有率 10%p-p以下)

プロトコル番号(4桁シリアル)
/0003:WR10(パナソニック製無線センサ)専用

関連機器
・WR10接続用RSケーブル(形式:DCN7)

機器仕様
接続方式
・RS-232-C:9ピン、Dサブコネクタ(オス形)
(コネクタ固定ねじ No.4-40 UNC)
・RS-485・直流電源部:ユーロ端子接続
・AC アダプタ:側面ジャック
アイソレーション:RS-232-C-RS-485・電源間
伝送速度設定:前面ロータリスイッチにより設定
RUN表示ランプ:緑色LED、正常時点灯
ERR.1表示ランプ:赤色LED、RS-232-C 通信異常時点灯
ERR.2表示ランプ:赤色LED、RS-485 通信異常時点灯

通信仕様
■RS-232-C部
通信規格:EIA RS-232-C 準拠
通信方式:半二重非同期式無手順
伝送距離:10m以下
伝送速度:38400kbps
データ長:8ビット
パリティ:奇数
ストップビット:1ビット
制御手順:WR10専用プロトコル
■RS-485部
通信規格:EIA RS-485 準拠
通信方式:半二重非同期式無手順
伝送距離:500m以下
伝送速度:1200、2400、4800、9600、19200、38400kbps
(工場出荷時は38400kbps)
データ長:8ビット
パリティ:奇数
ストップビット:1ビット
制御手順:Modbus-RTU(スレーブ)
サポートコマンド:
  Read Input Status(Function Code 02)
  Read Input Registers(Function Code 04)

設置仕様
消費電力
・交流電源:約7VA
・直流電源:約2W
使用温度範囲:-5~+60℃(ACアダプタ付は0~40℃)
使用湿度範囲:30~90%RH(結露しないこと)
取付:壁またはDINレール取付
質量:約150g

性能
絶縁抵抗:
RS-232-C-RS-485・電源間
100MΩ以上/500V DC
耐電圧:
RS-232-C-RS-485・電源間
500V AC 1分間

解説

パネル図

Modbus I/O割付
RS-232-CでWR10親機から読出したデータを、RS-485でModbusスレーブとしてレスポンスできます。
子機1台につき、温度、湿度データ(Ai:16ビットIntegerと32ビットFloat)と電池残量信号(Di:1ビット)を読出し、Modbusレジスタに割付けます。使用するModbusレジスタ領域は、スレーブアドレス1~4のデータアドレス1~48と、スレーブアドレス6のデータアドレス1~32です。
また、それぞれのAiデータが有効か無効かをDiデータとしてModbusレジスタに割付けます。
子機の接続台数が32台未満の場合や、湿度センサを装備していない子機を接続している場合、対応するDiデータを1とし、Aiデータには-1000(℃または%)が入ります。

外形寸法図(単位:mm)

ブロック図・端子接続図

システム構成例

© 2011 株式会社エム・システム技研