*一部表示できない項目がございます。
詳細につきましては仕様書PDFをご参照ください。


TL4-MDM

フィールドロガーTL4 シリーズ

モデム通信カード

主な機能と特長
●音声通報カード(形式:TL4-AL2)と組合わせることにより一般公衆回線を経由した異常・運転監視音声通報機能
●最大Di512点の監視
●通報先は16件まで登録可能
●管理者の電話機から要求を受けて監視状況を音声で報告
●通報フィルタで通報時間帯区分を設定可能
アプリケーション例
●農村集落排水処理場など無人施設の監視
●マンホールポンプなど無人設備の監視
●ビル内施設などの遠隔診断・故障履歴管理

形式:TL4-MDM

価格
基本価格 80,000円

ご注文時指定事項
・形式コード:TL4-MDM

付属品
・TL4-MDM接続用ケーブル

機器仕様
接続方式
・TL4−AL2接続用RS-232-C:9ピン Dサブコネクタ(オス形)
 (コネクタ固定ねじ No. 4-40 UNC)
・メンテナンス用ジャック:ステレオジャック
・RUN接点出力:コネクタ形端子台
・通信部:モジュラジャック
・内部電源:ベース(形式:R3-BS□)より供給
アイソレーション:LINE-RS-232-C・内部電源-RUN接点出力間
状態表示ランプ
・RUN:緑色LED 正常動作時、点灯
・ERR:赤色LED システム異常時、点灯
・MODE1:緑色LED 音声モード時、点灯
・MODE2:未使用
・SEND:赤色LED
  データ送信時、点滅
  データが途絶えて約1秒で消灯
・RECV:赤色LED
  データ送信時、点滅
  データが途絶えて約1秒で消灯

RS-232-C仕様
通信規格:EIA RS-232-C 準拠
通信方式:全二重非同期式無手順
伝送速度:57.6kbps
コネクタ:9ピン、Dサブコネクタ(オス形)
ケーブル:ストレート形ケーブル

NCU付モデム仕様
適用回線:一般公衆回線(2線式)およびPBXの内線
(NTT回線準拠 極性反転なし回線には対応しません。)
制御方法:自動受信/自動発信(NCU:AA形)

出力仕様
■RUN接点出力
出力信号:リレー接点1点
定格負荷:30V DC 2A(抵抗負荷)
最大開閉電圧:220V DC
最大開閉電力:60W DC
最小適用負荷:10mV DC 1mA
機械的寿命:1億回
誘導負荷を駆動する場合は接点保護とノイズ消去を行って下さい。
開閉条件:正常時接点閉
異常時接点開(CPU異常時)

設置仕様
使用温度範囲:-5~+50℃
使用湿度範囲:30~90%RH(結露しないこと)
使用周囲雰囲気:
腐食性ガス、ひどい塵埃のないこと
強電界、強磁界の発生がないこと
本体に直接振動や衝撃がないこと
取付:ベース(形式:R3-BS□)に取付
質量:約220g

性能
消費電流:100mA
絶縁抵抗:
LINE-RS-232-C・内部電源-RUN接点出力間
100MΩ以上/500V DC
耐電圧:
LINE-RS-232-C・内部電源-RUN接点出力間
1500V AC 1分間

パネル図

外形寸法図(単位:mm)

ブロック図・端子接続図

© 2011 株式会社エム・システム技研