*一部表示できない項目がございます。
詳細につきましては仕様書PDFをご参照ください。


R30NECT1

リモートI/O変換器 R30 シリーズ

通信カード
(EtherCAT用)

主な機能と特長
●デジタル入出力信号やアナログ入出力信号をフィールドバス
(EtherCAT)に入出力するリモートI/Oカード
 ●R3シリーズのI/Oカードを増設可能
EtherCAT®は、Beckhoff Automation GmbH(ドイツ)よりライセンスを受けた特許取得済み技術であり登録商標です。

形式:R30NECT1①

価格
基本価格 80,000円
加算価格
・オプション仕様により加算あり。

ご注文時指定事項
・形式コード:R30NECT1①
①は下記よりご選択下さい。
(例:R30NECT1/Q)
・オプション仕様(例:/C01)

①付加コード
◆オプション仕様
無記入:なし
/Q:あり(オプション仕様より別途ご指定下さい。)

オプション仕様
◆コーティング(詳細は、弊社ホームページをご参照下さい。)
/C01:シリコーン系コーティング +500円
/C02:ポリウレタン系コーティング +500円
/C03:ラバーコーティング +500円

注意事項
・R3入出力カード増設用ベース(形式:R30EBS)を使ってR3シリーズの入出力カードを追加できるのは、ファームウェアバージョン1.04.□以降になります。
・R30EBSをご使用になる場合、ベース(形式:R30BS)にR30シリーズ入出力カードが未実装の状態では通信エラーが発生します。R30シリーズ入出力カードを1枚以上実装して下さい。
・R30EBSに実装したR3シリーズ入出力カードの内部通信バス通信周期については次のようになります。
内部通信バス通信周期=
  6ms×入出力カードの枚数+10ms(メインCPUのデータ更新周期)
 例:R3シリーズ入出力カード4枚の場合
   6ms×4枚+10ms=34ms
なお、R30EBSを増設しても、R30シリーズ入出力カードの内部通信バス通信周期は、約1msのままご使用になれます。

関連機器
・コンフィギュレータソフトウェア(形式:R30CFG)
・コンフィギュレータソフトウェア(形式:R3CON)
・ESIファイル
コンフィギュレータソフトウェアおよびESIファイルは、弊社のホームページよりダウンロードして下さい。
本器をパソコンに接続する場合、市販のUSB MINI B規格のケーブルをご使用下さい。(お客様ご用意)
・R3シリーズI/Oカード
ただしR3-TC2は対象外となります。

機器仕様
接続方式
・EtherCAT:RJ-45モジュラジャック
・内部通信バス:ベース(形式:R30BS)に接続
・内部電源:ベース(形式:R30BS)より供給
アイソレーション:EtherCAT-内部通信バス・内部電源間
内部通信バス通信周期:約1ms
状態表示ランプ:PWR、RUN、ERR、L/A IN、L/A OUT
(詳細は取扱説明書を参照下さい。)

EtherCAT仕様
通信規格:IEEE802.3u
伝送種類:100BASE-TX
伝送速度:全二重100Mbps
伝送ケーブル:100BASE-TX(STPケーブルカテゴリ5e)
ノード間最大長:100m
固定アドレス設定:ロータリスイッチにて設定
Modular Device Profile(MDP)準拠
(マスタは必ずMDPをサポートしたものをご使用下さい。)

設置仕様
消費電流:110mA
使用温度範囲:-10~+55℃
保存温度範囲:-20~+65℃
使用湿度範囲:10~90%RH(結露しないこと)
使用周囲雰囲気:腐食性ガス、ひどい塵埃のないこと
取付:ベース(形式:R30BS)に取付
質量:約110g

性能
絶縁抵抗:100MΩ以上/500V DC
耐電圧 : EtherCAT-内部通信バス・内部電源間
1500V AC  1分間
供給電源-FE間(電源カードにて絶縁)
1500V AC 1分間

適合規格
適合EU指令:
電磁両立性指令(EMC指令)
 EMI EN 61000-6-4
 EMS EN 61000-6-2
RoHS指令
 EN 50581

パネル図

外形寸法図(単位:mm)

ブロック図・端子接続図

© 2011 株式会社エム・システム技研