*一部表示できない項目がございます。
詳細につきましては仕様書PDFをご参照ください。


WL1MW1-US2

プラグイン形ワイヤレスI/O WL1シリーズ

少点数入出力ユニット
(Modbus-RTU透過型920MHz帯特定小電力無線局(子機)、I/O一体形、ユニバーサル入力2点)

主な機能と特長
●プラグイン構造
●920MHz帯特定小電力無線局子機を実装しています。
●特定小電力無線局は工事設計認証取得済みのモジュールを内蔵しており、国内電波法に基づく免許申請が不要で、日本国内のみ使用が可能です。
●Modbus-RTUプロトコル通信を使用し、特定小電力無線通信にて入出力の接続ができ、特定小電力無線局とRS-485のゲートウェイができるユニットです。
●ユニバーサル入力は、熱電対、測温抵抗体、ポテンショメータ、抵抗器、直流電流、直流電圧対応で、個別に設定可能
●密着取付可能

形式:WL1MW1-US2-R①

価格
基本価格 92,000円
・ベースは別売りです。

加算価格
スリーブアンテナ +0円
ルーフトップアンテナ +2,500円
・オプション仕様により加算あり。

ご注文時指定事項
・形式コード:WL1MW1-US2-R①
①は下記よりご選択下さい。
(例:WL1MW1-US2-R/E/Q)
・オプション仕様(例:/C01)

種類
US2:ユニバーサル入力2点

供給電源
◆直流電源
R:24V DC(許容範囲 ±10%、リップル含有率 10%p-p以下)

①付加コード(複数項指定可能)
◆付属アンテナ
/S:スリーブアンテナ
/E:ルーフトップアンテナ
◆オプション仕様
無記入:なし
/Q:あり(オプション仕様より別途ご指定下さい。)

オプション仕様
◆コーティング(詳細は、弊社ホームページをご参照下さい。)
/C01:シリコーン系コーティング +500円
/C02:ポリウレタン系コーティング +500円
/C03:ラバーコーティング +500円

関連機器
・ベース(形式:WL1-BS)

特定小電力無線局の関連機器に関しては、920MHz 帯無線共通取扱説明書(NM-2403-B)、または弊社のホームページをご参照下さい。
・コンフィギュレータソフトウェア(形式:W920CFG)
コンフィギュレータソフトウェアは、弊社のホームページよりダウンロードが可能です。
本器をパソコンに接続するには専用ケーブルが必要です。
対応するケーブルの形式につきましては、ホームページダウンロードサイトまたはコンフィギュレータソフトウェア取扱説明書をご参照下さい。
保守メンテナンス用ソフトウェア
・保守コンソール MH920 Console for Module
 (形式:MH920CFM)(沖電気工業製)
保守メンテナンス用ソフトウェアは、弊社のホームページよりダウンロードが可能です。
同軸ケーブル
・ルーフトップアンテナ延長用2.5m同軸ケーブル
 (形式:CX-SAA0SAB0Q0250)(沖電気工業製)
同軸ケーブル
・ルーフトップアンテナ延長用7.5m同軸ケーブル
 (形式:CX-SAA0SAB0Q0750)(沖電気工業製)
ルーフトップアンテナのケーブル長を延長できますが、無線の
伝送距離は短くなります。
高利得アンテナ
・オムニアンテナ
 (形式:GGX-1019NFA9-687)(沖電気工業製)
・オムニアンテナ用3m同軸ケーブル
 (形式:CX-NXE0SAA0Q0300)(沖電気工業製)
・オムニアンテナ用5m同軸ケーブル
 (形式:CX-NXE0SAA0Q0500)(沖電気工業製)
オムニアンテナと3mまたは5m同軸ケーブルを組み合わせて
使用します。

付属品
・終端抵抗器110Ω(0.25W)
・冷接点センサ 2個

機器仕様
構造:プラグイン構造
接続方式
・ベースとコネクタでかん合
・ベース部
  M2.6ねじ端子接続(締付トルク 0.5N・m)
  適用圧着端子サイズ(M3ねじ)
・無線通信:SMA形同軸コネクタ
・保守メンテナンス:miniUSB typeB メスコネクタ
端子ねじ材質:鉄にニッケルメッキ
ハウジング材質:難燃性黒色樹脂
アイソレーション:入力-Modbus-アンテナコネクタ-供給電源-FE1間
バーンアウト
(熱電対・測温抵抗体・ポテンショメータ・抵抗器入力時):
あり/なし をコンフィギュレータソフトウェア
(形式:W920CFG)により設定
リニアライザ(熱電対、測温抵抗体入力時):標準装備
冷接点補償(熱電対入力時):冷接点センサを入力端子に密着取付
状態表示ランプ:Power
設定:コンフィギュレータソフトウェア(形式:W920CFG)により2点個別に入力設定が可能

Modbus仕様
制御手順:Modbus-RTU
伝送路形態:バス形マルチドロップ
通信規格:TIA/EIA-485-A準拠
通信方式:半二重非同期式無手順
伝送距離:500m以下
伝送ケーブル:シールド付より対線(CPEV-S 0.9φ)
状態表示ランプ:RD、SD
接続台数:31台
・データ:RTU(Binary)
通信設定:コンフィギュレータソフトウェアにより設定

特定小電力無線仕様
通信規格:IEEE802.15.4g/ARIB STD-T108
周波数:920MHz帯(922.3~928.1MHz)
最大送信出力:20mW
帯域幅:400kHz
変調方式:GFSK
伝送レート:最大100kbps
チャネル:33、34~60、61ch
セキュリティ:128bit AES
表示ランプ:920Run、920Link、920ERR
プロトコル:Modbus-RTU
通信モジュール:ルータモジュール内蔵(ファームウェアバージョン:V4.1.1)(沖電気工業製)
無線設定:コンフィギュレータソフトウェアにより設定
アンテナ仕様
・スリーブアンテナ(形式:MH920-NODE-ANT(S))
 屋内設置
 非防水
 無指向性
 利得:3.0dBi以下
・ルーフトップアンテナ(形式:MH920-NODE-ANT(R))
 屋内/屋外設置
 ケーブル長2.5m
 耐防水性:IPX6(コネクタ部除く)
 無指向性
 利得:3.0dBi以下

入力仕様
入力設定:コンフィギュレータソフトウェアにより設定
■ユニバーサル入力
入力点数:2
●直流電流入力
入力抵抗:入力抵抗器49.9Ωを内蔵します。
入力レンジ:0~20mA DC
●直流電圧入力(-1000~+1000mV DCレンジ)
入力抵抗:10kΩ以上
●直流電圧入力(-10~+10V DCレンジ)
入力抵抗:1MΩ以上
●熱電対入力
入力抵抗:10kΩ以上
入力レンジ:表1参照
バーンアウト検出電流:4μA以下
精度保証範囲:表1参照
●測温抵抗体入力(2、3線式)
入力検出電流:0.33mA以下
入力レンジ:表1参照
許容導線抵抗:1線あたり20Ω以下
●抵抗器入力
入力検出電流:0.33mA以下
入力レンジ:0~4000Ω
許容導線抵抗:1線あたり20Ω以下
●ポテンショメータ入力
入力検出電流:0.33mA以下
入力レンジ:表1参照
許容導線抵抗:1線あたり20Ω以下

設置仕様
消費電流:90mA以下
使用温度範囲:-10~+55℃
保存温度範囲:-10~+55℃
使用湿度範囲:10~90%RH(結露しないこと)
使用周囲雰囲気:腐食性ガス、ひどい塵埃のないこと
取付:ベース(形式:WL1-BS)に取付
質量:
 本体:約120g
 スリーブアンテナ:25g
 ルーフトップアンテナ:52g

性能
基準精度:表1参照
冷接点補償精度(熱電対入力時):
 0~50℃において±2.0℃以内
 冷接点センサは入力端子に密着取付します。
温度係数:±0.03%/℃
バーンアウト時間:10s以下(ポテンショメータ、抵抗器、熱電対、測温抵抗体入力)
絶縁抵抗:100MΩ以上/500V DC
耐電圧:入力-Modbus-アンテナコネクタ-供給電源-FE1間
1500V AC 1分間

適合規格
日本国電波法・電気通信事業法
認証済920MHz帯特定小電力モジュール内蔵

入力の種類・レンジ・基準精度

コンフィギュレータソフトウェア設定
コンフィギュレータソフトウェアを用いることにより、以下の設定が可能です。
コンフィギュレータソフトウェア(形式:W920CFG)の使用方法については、W920CFGの取扱説明書をご覧下さい。

パネル図

通信ケーブルの配線

端子配列

Modbusファンクションコード

Modbus I/O割付

データ変換

外形寸法図(単位:mm)

取付寸法図(単位:mm)

端子番号図
CJMは熱電対入力時に使用します。

ブロック図・端子接続図

© 2011 株式会社エム・システム技研