*一部表示できない項目がございます。
詳細につきましては仕様書PDFをご参照ください。


R3

リモートI/O変換器 R3 シリーズ

R3シリーズ共通

主な機能と特長
●アナログ入出力やデジタル入出力信号をフィールドバス
(DeviceNet、CC-Linkなど)に入出力するリモートI/Oカード
●各種直入力信号に対応
●2重化対応可能
アプリケーション例
●DCSやPLC用のリモートI/Oカード
●PC用入出力カード

価格
個別の仕様書をご参照下さい。

ご注文時指定事項
個別の仕様書をご参照下さい。
・R3-□(R3-DM除く)の各機種には、オプションがあります。詳細は、各機種個別仕様書を参照下さい。

通信カード:R3-①-②
詳細仕様は各カードの仕様書をご参照下さい。

①種類
NC1:CC-Link(Ver.1.10、アナログ16点対応)
NC2:CC-Link(Ver.1.10、アナログ32点対応)
NC3:CC-Link(Ver.2.00対応)
NCIE1:CC-Link IE Field ネットワーク
(供給電源コードは選択できません。)
ND1:DeviceNet(アナログ16点対応)
ND2:DeviceNet(アナログ32点対応)
ND3:DeviceNet(アナログ64点対応)
NE1:Modbus/TCP(Ethernet)
NEIP1:EtherNet/IP
(供給電源コードは選択できません。)
NF1:Tリンク(富士電機製)
NF2:Tリンク(富士電機製Tリンクインタフェースモジュール相当)
NF3:Tリンク(富士電機製Tリンクカプセル相当)
(供給電源コードK3、L3は選択できません。)
NFL1:FL-net(OPCN-2、Ver.2.0対応)
(供給電源コードは選択できません。)
NM1:Modbus
NM3:Modbus(温度調節計カード対応)
NM4:Modbus(115.2kbps対応)
(供給電源コードK3、L3は選択できません。)
NML3:MECHATROLINK-Ⅲ
NP1:PROFIBUS-DP
NL1:LonWorks (アナログ入出力16点, 接点入出力48点対応)
NL2:LonWorks (入出力56点対応)
NMW1:Modbus、920MHz帯無線
(供給電源コードK3、L3は選択できません。)
(日本でのみ使用可能です。)
NMW1F:Modbus、900MHz帯無線
(供給電源コードK3、L3は選択できません。)
(米国でのみ使用可能です。)
NW1:920MHz帯無線
(供給電源コードは選択できません。)
(日本でのみ使用可能です。)

②供給電源
N:供給電源回路なし
◆交流電源
M2:100~240V AC
(種類コードNF3、NM4、NMW1、NMW1Fのみ選択可能です。)
K3:100~120V AC
L3:200~240V AC
◆直流電源
R:24V DC

通信入出力カード:R3-①S
詳細仕様は各カードの仕様書をご参照下さい。

①種類
GC1:CC-Link
( アナログ128点、Ver.1.10/Ver.2.00対応)
GD1:DeviceNet(アナログ64点対応)
GE1:Modbus/TCP(アナログ128点対応、Ethernet)
GFL1:FL-net(アナログ128点対応、OPCN-2、Ver.2.0対応)
GM1:Modbus(アナログ128点対応)

通信
S:シングル

ベース:R3-①②
詳細仕様は各ベースの仕様書をご参照下さい。

①種類
BS:ベース
BSW:アドレス可変形ベース

②入出力カード数
02:2スロット
(種類コードBS のみ選択可能です。)
02P:2スロット(R3-NP1専用)
(種類コードBS のみ選択可能です。)
04:4スロット
06:6スロット
08:8スロット
10:10スロット
12:12スロット
14:14スロット
16:16スロット

入出力カード:R3-①②
詳細仕様は各カードの仕様書をご参照下さい。

①種類
◆アナログ入力カード
SS4:直流電流入力4点
SS8:直流電流入力8点
SS8N:直流電流入力8点(チャネル間非絶縁)
SS16N:直流電流入力16点(チャネル間非絶縁)
SV4:直流電圧入力4点
SV4A:直流電圧入力4点(低電圧)
SV4B:直流電圧入力4点(高電圧)
SV4C:直流電圧入力4点(高電圧±50V対応)
SV8:直流電圧入力8点
SV8A:直流電圧入力8点(低電圧)
SV8B:直流電圧入力8点(高電圧)
SV8C:直流電圧入力8点(高電圧±50V対応)
SV8N:直流電圧入力8点(チャネル間非絶縁)
SV16N:直流電圧入力16点(チャネル間非絶縁)
TS4:熱電対入力4点
TS8:熱電対入力8点
TS8A:熱電対入力8点(高精度)
RS4:測温抵抗体入力4点
RS4A:測温抵抗体入力4点(高精度)
RS8:測温抵抗体入力8点
RS8A:測温抵抗体入力8点(高精度)
RS8B:測温抵抗体入力8点(超高精度)
MS4:ポテンショメータ入力4点
MS8:ポテンショメータ入力8点
DS4:ディストリビュータ入力4点(2線式伝送器用電源付)
DS4A:ディストリビュータ入力4点(2線式伝送器用電源スイッチ付)
DS8N:ディストリビュータ入力8点(チャネル間非絶縁)
CT4:CT(交流電流)入力4点
CT4A:交流電流入力4点(クランプ式交流電流センサCLSA用)
CT4B:交流電流入力4点(クランプ式交流電流センサCLSB用)
CT4C:交流電流入力4点(クランプ式交流電流センサCLSB-R5用
CT8A:交流電流入力8点(クランプ式交流電流センサCLSA用)
CT8B:交流電流入力8点(クランプ式交流電流センサCLSB用)
CT8C:交流電流入力8点(クランプ式交流電流センサCLSB-R5用)
PT4:PT(交流電圧)入力4点
CZ4:零相変流器(ZCT)入力4点
WT1:マルチ電力入力1点
WT1A:マルチ電力入力1点(クランプ式交流電流センサCLSA用)
WT1B:マルチ電力入力1点(クランプ式交流電流センサCLSB用)
WT4:電力入力4点
WT4A:電力入力4点(クランプ式交流電流センサCLSA用)
WT4B:電力入力4点(クランプ式交流電流センサCLSB用)
WTU:電力入力2点(クランプ式交流電流センサCLSE用)
(通信コードSのみ選択可能です。)
LC2:ロードセル入力2点
US4:ユニバーサル入力4点
(直流電圧、測温抵抗体、熱電対、ポテンショメータ)
TC2:温度調節計
(通信コードSのみ選択可能です。)
MEX2:電電ポジショナ(2回路用、SSR内蔵)
◆アナログ出力カード
YV4:直流電圧出力4点
YV8:直流電圧出力8点
YS4:直流電流出力4点
◆パルス入力カード
PA2:ロータリエンコーダ入力2点(速度・位置)
PA4:高速パルス入力4点
PA4A:高速パルス積算入力4点
PA4B:低速パルス積算入力4点
PA8:積算パルス入力8点(32ビット対応)
PA16:積算パルス入力16点
◆パルス出力カード
PC16A:パルス出力16点
PD16:ワンショットパルス出力16点(リレー)
PD16A:ワンショットパルス出力16点(NPN)
PD16B:ワンショットパルス出力16点(トライアック)
PD16C:ワンショットパルス出力16点(PNP)
◆接点入力カード
BA32A:BCD入力(外部24V DC)
DA16:フォトカプラ絶縁入力16点(13V DC)
DA16A:フォトカプラ絶縁入力16点
DA16B:フォトカプラ絶縁入力16点(外部100V AC)
DA32A:フォトカプラ絶縁入力32点
DA64A:フォトカプラ絶縁入力64点
DA8C:フォトカプラ絶縁入力8点(3線式)
◆接点出力カード
BC32A:BCD出力(オープンコレクタ)
DC16:リレー出力16点
DC16A:オープンコレクタ出力16点
DC16B:トライアック出力16点
DC16C:接点プラスコモントランジスタ出力16点
DC32A:オープンコレクタ出力32点
DC32C:オープンコレクタ出力32点
(プラスコモントランジスタ(PNP)、短絡保護機能付)
DC64A:オープンコレクタ出力64点
DC64C:オープンコレクタ出力64点
(プラスコモントランジスタ(PNP)、短絡保護機能付)
DC8:リレー出力8点
DC8D:フォトMOSリレー出力8点
RR8:リモコンリレー制御出力8点
◆接点入出力カード
DAC16:フォトカプラ絶縁入力8点(外部24V DC)、リレー出力8点
DAC16A:フォトカプラ絶縁入力8点(内部電源)、出力8点(内部電源)
◆警報カード
AS4:直流電流入力4点警報
AS8:直流電流入力8点警報
AV4:直流電圧入力4点警報
AV8:直流電圧入力8点警報
AT4:熱電対入力4点警報
AR4:測温抵抗体入力4点警報
AD4:ディストリビュータ入力4点警報

②通信
S:シングル
W:2重化

入出力カード:R3Y-①②
詳細仕様は各カードの仕様書をご参照下さい。

①種類
◆アナログ入出力カード(FCNコネクタ)
SS8:直流電流入力8点
SS8N:直流電流入力8点(チャネル間非絶縁)
SS16N:直流電流入力16点(チャネル間非絶縁)
SV8:直流電圧入力8点
SV8A:直流電圧入力8点(低電圧)
SV8N:直流電圧入力8点(チャネル間非絶縁)
SV16:直流電圧入力16点(チャネル間非絶縁)
YV8:直流電圧出力8点
YS4:4~20mA DC 出力4点
RS8:測温抵抗体入力8点
MS8:ポテンショメータ入力8点
DS4:ディストリビュータ入力4点(2線式伝送器用電源付)
DS8N:ディストリビュータ入力8点(チャネル間非絶縁)
◆パルス入力カード(FCNコネクタ)
PA16:積算パルス入力16点
◆接点入出力カード(FCNコネクタ)
DA16:フォトカプラ絶縁入力16点(13V DC)
DA16A:フォトカプラ絶縁入力16点(外部24V DC)
DC16:リレー出力16点
DAC16D:フォトカプラ絶縁入力8点(内部電源)、フォトMOSリレー出力8点

②通信
S:シングル
W:2重化

入出力カード:R3S-①②
詳細仕様は各カードの仕様書をご参照下さい。

①種類
◆アナログ入出力カード(コネクタ形スプリング式端子台)
SS8N:直流電流入力8点(チャネル間非絶縁)
SV8N:直流電圧入力8点(チャネル間非絶縁)
YV4:直流電圧出力4点
YS4:4~20mA DC 出力4点
RS4A:測温抵抗体入力4点(高精度)
CM2A:熱量演算
◆パルス入力カード(コネクタ形スプリング式端子台)
PA8:積算パルス入力8点(32ビット対応)
◆接点入出力カード(コネクタ形スプリング式端子台)
DA16:フォトカプラ絶縁入力16点(13V DC)
DC8:リレー出力8点
DAC16:フォトカプラ絶縁入力8点(外部24V DC)、リレー出力8点
DAC16A:フォトカプラ絶縁入力8点(内部電源)、出力8点(内部電源)
RR8:リモコンリレー制御出力8点

②通信
S:シングル
W:2重化

電源カード:R3-①-②
詳細仕様は各カードの仕様書をご参照下さい。

①種類
PS1:シングル幅電源カード(連続出力電流:20V DC時 750mA)
(供給電源コード K3、L3は選択できません。)
PS3:ダブル幅電源カード(連続出力電流:20V DC時 2.0A)

②供給電源
◆交流電源
K:85~132V AC
K3:100~120V AC(種類コード PS3のみ選択可能です。)
L:170~264V AC
L3:200~240V AC(種類コード PS3のみ選択可能です。)
◆直流電源
R:24V DC
P:110V DC

ダミーカード:R3-①
詳細仕様は各カードの仕様書をご参照下さい。

①種類
DM:ダミーカード

概要
1、概要
R3シリーズは複雑な設定を必要としないDCSやPLCのリモート入出力カードです。電源カード、通信カード、入出力カードおよびベースから構成され、基本的にはディップスイッチの設定だけで容易に使用することが可能です。
豊富な入出力カードや通信カードを備え、多種多様な分野にて使用していただけます。
■電源カード
供給電源から通信カードと入出力カードに必要な内部電源、接点入出力用の電源を作ります。
■通信カード
通信ライン(DeviceNetなど)と内部通信バスのゲートウェイとして働きます。
通信ラインからのデータを内部通信バスのデータに変換、また内部通信バスからのデータを通信ラインのデータに変換し出力します。
■通信入出力カード
通信ライン(DeviceNetなど)上のデータを異なるプロトコルの通信カードで扱うことが可能となります。(ゲートウェイカード)
■入出力カード
内部通信バスから受信したデータをDA変換しアナログとして出力、また接点として出力します。またアナログ入力をAD変換し内部通信バスに出力します。
内部通信バスを2系統備えたカードを用いることにより、ダブルモード(通信ラインの2重化)を可能にします。
■ベース
内部電源、内部通信バスのためのプリント基板を備えたカード取付用ベースです。
ベースには2系統の通信ラインが独立して設けてあります。
■ダミーカード
使用しないスロットに取付けるダミーカードです。

2、シングルモード時の動作
アナログ出力・接点出力では、通信カードにて通信ラインから受信したデータを内部通信バスを経由し、入出力カードに送信します。入出力カードはこのデータからアナログ値または接点出力に変換し出力します。
アナログ入力・接点入力では、入出力カードで入力したアナログ値または接点データを内部通信バスを経由し、通信カードに送信します。通信カードはこのデータを通信ラインに出力します。

3、ダブルモード時の動作
通信カードを2台実装し、各入出力カードに“W”タイプ(通信2重化用)を実装することにより、容易に2重化を実現することができます。
ダブルモード用の入出力カードには2系統の独立した内部通信バスの通信ポートを備えています。2台の通信カードと接続することが可能となります。
アナログ出力・接点出力では、2系統の通信カードからランダムにデータを受信します。正常時は2系統からのデータを受信し、優先順位の高いメイン通信カード(A)からのデータを出力します。A系統の通信ラインの配線や通信カードの故障または内部通信バスの異常が発生した場合(通信時間異常、データ異常などが発生した場合)、B系統からのデータを採用し出力します。A系統が正常復帰すると自動的にA系統のデータを採用するように戻ります。A、B系統ともに異常の場合には、出力値を保持しどちらかの系統が正常になるのを待機します。(設定により出力のOFFも可能です。)
アナログ入力・接点入力では、常に2系統の内部通信バスからの入力値送信要求に応答しデータの送信を行います。これにより、全く独立した通信ラインを可能にします。

4、ホットスワップ、出力の変動
入出力カード、通信カードは各々にCPUを備えています。各カード間はシリアル通信によりデータの更新を行います。このため、ダブルモード時の通信カードの系統の切換時などにおいても、アナログ出力の瞬断やバンプなどは発生しません。
また、入出力カードや通信カードの交換も他のカードに影響を及ぼしません。このため、電源を入れたままの交換が可能となります。
複数のカードを同時に交換することは大きな電源変動を起こす可能性があります。交換時は1台ずつ行って下さい。
カードを実装する際は通信異常を招く恐れがあるので、素早く確実に行って下さい。

関連機器
・コンフィギュレータソフトウェア(形式:R3CON)
コンフィギュレータソフトウェアは、弊社のホームページよりダウンロードが可能です。
本器をパソコンに接続するには専用ケーブルが必要です。
対応するケーブルの形式につきましては、ホームページダウンロードサイトまたはコンフィギュレータソフトウェア取扱説明書をご参照下さい。

機器仕様
接続方式:個別の仕様書をご参照下さい。
ハウジング材質:難燃性灰色樹脂
■内部通信バス
通信周期:約6ms/入出力カード
(入出力カード1台あたり約6msです。使用する台数に比例した時間を必要とします)
■内部変換データ
入力カードの種類により変換データは異なりますので、個別の仕様書をご参照下さい。
●パーセントデータ
入力レンジを0~100%とし、16進数の0000~2710(0~10000)に変換します。負の値は2の補数で表します。
電圧・電流出力も同様です。
●実量(温度入力)
熱電対や測温抵抗体入力では実量値(℃)を10倍した符号付バイナリデータに変換します。25.5℃は255と表します。
負の値は2の補数で表します。
(R3-TS8A、R3-RS□A、R3-RS□Bは100倍した符号付バイナリデータに変換します)
●実量(クランプ式交流電流)(R3-CT□C以外)
クランプ式の交流電流入力では実量値(A)を100倍した符号なしバイナリデータに変換します。10Aは1000と表します。負の値はありません。
注)R3-CT□Cはパーセントデータです。
■スケーリング
通信カードにて、内部変換データを設定されたスケーリング値に従い出力または入力します。

設置仕様
使用温度範囲:-10~+55℃
使用湿度範囲:30~90%RH(結露しないこと)
使用周囲雰囲気:腐食性ガス、ひどい塵埃のないこと
取付:壁またはDINレール取付

消費電流の計算

異常時のデ-タについて
■通信カード
入力カードが異常の場合(通信カードとの内部通信ができない場合)に、入力値を保持するか“0”リセットするかの選択が通信カードのディップスイッチで設定可能です。
・入力値を保持とした場合
入力値は正常なデータを受信するまで保持されます。
・入力値を“0”リセットとした場合
正常なデータを受信するまで“0”となります。
■出力カード
通信異常の場合(設定時間内に出力データが更新されない場合)に、出力を保持するかOFFするかの選択が、出力カードのディップスイッチで設定可能です。
・出力保持とした場合
出力は正常なデータを受信するまで保持されます。
・出力OFFとした場合
アナログ出力カードは正常なデータを受信するまで-15%を出力し、接点出力カードは正常なデータを受信するまでOFFとなります。

基本構成

外形寸法図(単位:mm)

取付寸法図(単位:mm)

CEマーキングの適合について

© 2011 株式会社エム・システム技研