*一部表示できない項目がございます。
詳細につきましては仕様書PDFをご参照ください。


TR30

チャートレス記録計 TR30 シリーズ

タブレットレコーダ

主な機能と特長
●装置や設備の測定データや運転・停止の状態をSDカードに記録
●記録されたデータをWebブラウザで確認
●本体に入出力カード(リモートI/O変換器 R30 シリーズ)を組み合わせる構造で、必要な信号の種類と点数に応じて自由に選定、組み合わせることが可能

形式:TR30-①-R②

価格
基本価格
TR30-N  75,000円
TR30-G  85,000円
加算価格
・オプション仕様により加算あり。

ご注文時指定事項
・形式コード:TR30-①-R②
①、②は下記よりご選択下さい。
(例:TR30-N-R/Q)
・オプション仕様(例:/C01)

①種類
N:標準仕様
G:高機能仕様

供給電源
◆直流電源
R:24V DC(許容範囲±10%、リップル含有率10%p-p以下)

②付加コード
◆オプション仕様
無記入:なし
/Q:あり(オプション仕様より別途ご指定下さい。)

オプション仕様
◆コーティング(詳細は、弊社ホームページをご参照下さい。)
/C01:シリコーン系コーティング +500円
/C02:ポリウレタン系コーティング +500円
/C03:ラバーコーティング +500円

概要
TR30は、TR30本体とベース(形式:R30BS)、入出力カード(リモートI/O変換器 R30シリーズ)を組み合わせて使用します。
■TR30本体
・入力データの収集・記録および出力データの送信:
ベース上の内部通信バスを介して入力カードのデータを収集し、内部メモリ記録およびSDカードに記録します。また、Ethernetを介してリモートI/OとModbus/TCP接続し、リモートI/Oの入力データを収集・記録します。なお、TR30-Gの場合は三菱電機シーケンサMELSECとSLMP接続し、シーケンサCPUのデータを収集・記録します。
あらかじめ警報レベルを設定することにより、出力カードに警報出力データを送信します。
・簡易Webサーバ:
TR30がWebサーバとなり、タブレットのブラウザに収集したデータを画面表示します。また、各種設定・操作が可能です。
・内部電源:
供給電源からTR30本体と入出力カードに必要な内部電源を作ります。
■入出力カード
内部通信バスから受信したデータを接点として出力します。また、接点の入力データやAD変換したアナログ入力値を内部通信バスに出力します(詳細は、R30の各入出力カードの仕様書を参照願います)。
■ベース
内部電源、内部通信バスのためのプリント基板を備えたカード
取付用ベースです(詳細は、ベース(形式:R30BS)の仕様書を参照願います)。

関連機器
・リモートI/O変換器 R30シリーズ
・コンフィギュレータ接続ケーブル
  USB2.0対応ケーブル
 (TR30接続コネクタ:mini-Bタイプ、5.0m以下)
・コンフィギュレータソフトウェア
(形式:TRCFG(TR30-N用)、形式:TRGCFG(TR30-G用))
・コンフィギュレータソフトウェア(形式:R30CFG)
・ビューワーソフトウェア(形式:TRViewer)
ソフトウェアは、弊社のホームページよりダウンロードが可能です。
・SDカード
データを保存するには、SDカードが必要です。指定のSDカードをご使用下さい。弊社からも購入いただけます。お求めの際は弊社までお問い合わせ下さい。
ハギワラソリューションズ製 NSD6-004GH、NSD6-016GH
(NSDA-004GL…生産終了)

機器仕様
接続方式
・RUN接点出力・供給電源:M3ねじ2ピース端子台接続
(締付トルク 0.5N・m)
・Ethernet:RJ-45モジュラジャック
・内部通信バス:ベース(形式:R30BS)に接続
・内部電源:ベース(形式:R30BS)に接続
圧着端子:「適用圧着端子」の図を参照下さい。
・推奨メーカ:日本圧着端子製造、ニチフ
(スリーブ付圧着端子は使用不可)
・適用電線サイズ:0.25~0.75mm2
端子ねじ材質:鉄にニッケルメッキ
ハウジング材質:難燃性灰色樹脂
R30 入出力カード接続台数:最大16台
(ただし、入出力カードの合計電流は500mA以内)
アイソレーション:Ethernet-内部通信バス・内部電源-RUN接点出力-供給電源-FE間
カレンダ時計:年(西暦4ケタ)・月・日・曜日・時・分・秒
通信周期:約1ms以下(接続台数最大時)
状態表示ランプ:
PWR、RUN、TR30 RUN、RECORD、SD CARD、ERROR
(詳細は取扱説明書を参照下さい。)
■RUN接点出力
RUN接点出力:正常動作時ON(短絡)
定格負荷:250V AC 0.5A(cosφ=1)
30V DC 0.5A(抵抗負荷)
(EU指令適合品として使用する場合は50V AC未満となります)
最大開閉電圧:250V AC 30V DC
最大開閉電力:250VA(AC) 30W(DC)
最小適用負荷:5V DC 10mA
機械的寿命:2000万回(300回/分)
誘導負荷を駆動する場合は接点保護とノイズ消去を行って下さい。

R30接続仕様
■TR30実装位置
R30ベースのPWRスロット(1番左のスロット)とCOMスロット(PWRスロットの右隣)に実装

Ethernet仕様
通信規格:IEEE 802.3u
伝送種類:10BASE-T/100BASE-TX
伝送速度:10、100Mbps(Auto Negotiation機能付き)
制御手順
・TR30-N:TCP/IP、Modbus/TCP、HTTP、FTP
・TR30-G:TCP/IP、Modbus/TCP、SLMP、HTTP、FTP、SMTP、
SNTP
伝送ケーブル:10BASE-T(STPケーブル カテゴリ5)
100BASE-TX(STPケーブル カテゴリ5e)
セグメント最大長:100m
Ethernet表示ランプ:DPX、LNK
IPアドレス(工場出荷時設定):192.168.0.1

設置仕様
消費電力
・直流電源:約18W 24V DC(最大出力電流 500mA時)
内部電源
・最大定格出力電圧/電流:21V DC/500mA
本器と組み合わせて使用するR30入出力カードは、消費電流の合計が、上記電流値以下になるように使用すること
使用温度範囲:0~50℃
保存温度範囲:-10~+60℃
使用湿度範囲:10~90%RH(結露しないこと)
使用周囲雰囲気:腐食性ガス、ひどい塵埃のないこと
取付:ベース(形式:R30BS)に取付
質量:約300g

性能
カレンダ時計(電池バックアップ機能付き)
 月差:2分以下(周囲温度25℃)
 バックアップ時間:約2年(周囲温度25℃)
 使用電池:リチウム一次電池(取り外し不可)
 (電池の消耗を防ぐため、電池バックアップ機能は出荷時0FF
 になっています。ご使用を開始される際にONにして下さい。)
絶縁抵抗:100MΩ以上/500V DC
耐電圧:Ethernet-内部通信バス・内部電源-RUN接点出力-供給電源-FE間
1500V AC 1分間

準拠規格
適合EU指令:
電磁両立性指令(EMC指令)
 EMI EN 61000-6-4
 EMS EN 61000-6-2
RoHS指令
 EN 50581

パネル図

端子配列

外形寸法図(単位:mm)

ブロック図・端子接続図
EMC(電磁両立性)性能維持のため、FE端子を接地して下さい。
注)FE端子は保護接地端子(Protective Conductor Terminal)ではありません。

データ記録機能

指定した記録周期でトレンドデータ、イベントデータ、コメントデータを内部メモリに記録し、記録周期に応じたタイミングで、SDカードに転送することが可能。
■イベントデータ
・イベント:アナログ入力の領域遷移、パルス入力の領域遷移、デジタル入力のステータス変化
・イベント検出間隔:トレンドデータサンプリング周期と同じ
・記録内容:時刻、イベント
・件数:3000件
■コメントデータ
・最大入力文字数:32文字
・記録内容:時刻、コメント
・件数:1000件

通信機能
■IP
DHCPクライアント機能をサポート。本体IPアドレス、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイ、DNSサーバの手動設定も可能。
■簡易Webサーバ
本器がWebサーバとなり、ブラウザを用いて遠隔より入力状態をデータ表示画面、トレンド表示画面、イベント表示画面で確認することが可能。
動作確認済み端末・ブラウザ
・iPad(iOS 10.2):Safari
・Androidタブレット(Android 6.0):Chrome 56.0.2924.87
・Windows PC(Windows 7、8.1、10)、 タブレット(Windows
  8.1、10):Edge、Internet Explorer 11、Firefox 52.0、
  Chrome 57.0.2987.98
■Modbus/TCPマスタ
R3、R7などのリモートI/Oと接続しI/Oの拡張が可能。また、離れた測定箇所のデータを一括して扱うことが可能。
●接続機器
・R3-NE1
・R5-NE1
・R6-NE1、R6-NE2
・R7Eシリーズ
・R9EWTU
・D3-NE1、D3-NE2
・D5-NE1
・72EM2-M4
・GR8-EM
・IB10W2
・WL40EW2
・DL8シリーズ
・TR3EX
・ITシリーズ
・DL30
・73VRシリーズ
■SLMPクライアント(TR30-Gのみ)
三菱電機シーケンサMELSECのSLMP対応CPUユニットと接続し、I/Oの拡張が可能。また、離れた測定箇所のデータを一括して扱うことが可能。
●接続機器(SLMP)
・MELSEC iQ-Rシリーズ
・MELSEC iQ-Fシリーズ
・MELSEC Qシリーズ
●接続台数(スレーブ数)
コネクション数12個(Modbus/TCP、SLMPから選択)
接続するスレーブ数のコネクションを確立します。
●最大入出力点数
・アナログ入力
  TR30-N:32点
  TR30-G:64点 
・デジタル入力:64点
・パルス入力:32点
・デジタル出力:64点
■Modbus/TCPスレーブ(TR30-Gのみ)
SCADA等により遠隔地からの監視が可能。また、PLC等より記録の開始/停止、コメント記入、SDカード転送先フォルダ・ファイル名設定、FTP転送先フォルダ名設定などの操作も可能。

警報接点出力機能
イベント発生時に警報接点出力として指定したDOをONさせることが可能。

メール通報機能(TR30-Gのみ)
イベント発生時及び指定した時刻にメール通報が可能。
暗号化通信(SMTP over SSL)をサポート。
メール送信完了時、指定したDOをONさせることが可能。
・通報先メールアドレス:32箇所
・イベント通報メール文章:32通
・定時通報メール文章:1通
・チャネル情報:AI、DI、PI、OI、DOから複数選択し本文に添付
・通報失敗出力:1点

FTPクライアント機能(TR30-Gのみ)

FTPサーバ機能
FTPクライアントからSDカード内のファイルの読み出し/削除が可能。
動作検証済みFTPクライアント
・エクスプローラー
・ブラウザ(Internet Explorer 11、Firefox 52.0以降、
  Chrome 57.0.2987.98)
・FFFTP 1.98g

演算機能(TR30-Gのみ)
演算入力(OI)にて加減算、乗算、除算、開平、移動平均、一次遅れ、exp、常用対数、自然対数、ピークホールド(最大・最小)、アナログ積算、累乗、F値演算、逆対数、スケーリングが可能。

その他の機能
メンテナンス:
専用のコンフィギュレータソフトウェア(形式:TRCFG(TR30-N用)、形式:TRGCFG(TR30-G用))を用いて、各種設定が可能。

システム構成例
下記のシステム構成にて本器(形式:TR30)以外は全てお客様にてご用意下さい。

© 2011 株式会社エム・システム技研