*一部表示できない項目がございます。
詳細につきましては仕様書PDFをご参照ください。


R7D

リモートI/O R7 シリーズ

少点数入出力ユニット
(DeviceNet用)

価格
各ユニットを参照下さい。
加算価格
・オプション仕様により加算あり。

ご注文時指定事項
・基本ユニット:R7D-①②
①、②は下記よりご選択下さい。
(例:R7D-DC16A/UL)
・オプション仕様(例:/C01)

・増設ユニット:R7D-①②
①、②は下記よりご選択下さい。
(例:R7D-EC16A/UL)
・オプション仕様(例:/C01)

基本ユニット:R7D-①②

①種類
DA16:接点入力16点    27,000円
DC16A:マイナスコモン(NPN対応) 27,000円
トランジスタ出力16点
DC16B:プラスコモン(PNP対応) 27,000円
トランジスタ出力16点
DC8C:リレー接点出力8点   27,000円
(UL対象外。増設ユニットを接続できません)
RR8:リモコンリレー制御用出力8点 60,000円
(UL、CE対象外)
SV4:直流電圧/電流入力4点   38,000円
(10V/20mA)
TS4:熱電対入力4点    37,500円
RS4:測温抵抗体入力4点    37,500円
MS4:ポテンショメータ入力4点    38,000円
(UL対象外)
CT4E:交流電流入力4点    38,000円
(クランプ式交流電流センサCLSE用)(UL対象外)
PA8:積算パルス入力8点 50,000円
(UL対象外)
YV2:直流電圧出力2点    38,000円
YV2A:外部電源供給形直流電圧出力2点 38,000円
YS2:直流電流出力2点    38,000円
YS2A:外部電源供給形直流電流出力2点 38,000円

②付加コード
◆規格適合
無記入:CE適合品
/UL:UL、CE適合品
◆オプション仕様
無記入:なし
/Q:あり(オプション仕様より別途ご指定下さい。)
(付加コード(規格適合)の「/UL」は選択できません。)

増設ユニット:R7D-①②

①種類
EA8:増設用接点入力8点    20,000円
EA16:増設用接点入力16点    24,000円
EC8A:増設用マイナスコモン(NPN対応)    20,000円
トランジスタ出力8点
EC16A:増設用マイナスコモン(NPN対応)    24,000円
トランジスタ出力16点
EC8B:増設用プラスコモン(PNP対応)    20,000円
トランジスタ出力8点
EC16B:増設用プラスコモン(PNP対応)    24,000円
トランジスタ出力16点

②付加コード
◆規格適合
無記入:CE適合品
/UL:UL、CE適合品
◆オプション仕様
無記入:なし
/Q:あり(オプション仕様より別途ご指定下さい。)
(付加コード(規格適合)の「/UL」は選択できません。)

オプション仕様
◆コーティング(詳細は、弊社ホームページをご参照下さい。)
/C01:シリコーン系コーティング +500円
/C02:ポリウレタン系コーティング +500円
/C03:ラバーコーティング +500円

主な機能と特長
DeviceNet用少点数入出力ユニット(R7D)は、PLC(プログラマブルコントローラ)とDeviceNetにてアナログ入出力や接点入出力を接続するユニットです。
基本ユニットには増設ユニットを接続することができます。
(R7D-DC8Cには、増設ユニットを接続できません。)
これにより、アナログ入出力と接点入出力が混在したユニットとして使用することができます。また、接点32点入力ユニット、接点32点出力ユニット、接点入出力各16点ユニットとして使用することが可能です。
入出力レンジ、入力センサ(熱電対や測温抵抗体)の設定は、前面パネルのディップスイッチにて全入出力を一括で行えます。また、コンフィギュレータソフトウェア(形式:R7CON)を用いることにより、入出力一点ごとの設定、ゼロスパン調整、スケーリング設定、温度単位の変更なども可能です。

関連機器
・コンフィギュレータソフトウェア(形式:R7CON)
・EDSファイル
コンフィギュレータソフトウェアおよび各基本ユニットのEDSファイルは、弊社のホームページよりダウンロードが可能です。
本器をパソコンに接続するには専用ケーブルが必要です。
対応するケーブルの形式につきましては、ホームページダウンロードサイトまたはコンフィギュレータソフトウェア取扱説明書をご参照下さい。
・クランプ式交流電流センサ(形式:CLSE)
R7D-CT4Eは、センサと組合わせて動作しますので必要なチャネル数分のセンサをご用意下さい。

共通仕様
■共通仕様
通信電源電圧:11~25V DC(通信コネクタより供給)
絶縁抵抗:100MΩ以上/500V DC
耐電圧:1500V AC 1分間(アイソレーション回路間)
使用温度範囲:-10~+55℃
使用湿度範囲:30~90%RH(結露しないこと)
使用周囲雰囲気:腐食性ガス、ひどい塵埃のないこと
保存温度範囲:-20~+65℃
取付:DINレール取付(35mmレール)
接続方式
・DeviceNet:コネクタ形ユーロ端子台
  適用電線サイズ:0.2~2.5mm2、剥離長 7mm
・入出力信号:M3ねじ2ピース端子台接続(締付トルク0.5N・m)
端子ねじ材質:鉄にニッケルメッキ
圧着端子:「推奨圧着端子」の図を参照下さい。
・推奨メーカ:日本圧着端子製造、ニチフ
・適用電線サイズ:0.25~1.65mm2(AWG22~16)
ハウジング材質:難燃性灰色樹脂
■電源消費電流 24V DC供給時/11V DC供給時/質量
R7D-DA16:約40mA/約75mA/200g
R7D-DC16A:約50mA/約90mA/200g
R7D-DC16B:約50mA/約90mA/200g
R7D-DC8C:約50mA(約60mA)/約90mA/200g
R7D-RR8:約50mA/約90mA/180g
R7D-SV4:約60mA/約110mA/200g
R7D-TS4:約60mA/約110mA/200g
R7D-RS4:約60mA/約110mA/200g
R7D-MS4:約60mA/約110mA/200g
R7D-CT4E:約80mA/約170mA/200g
R7D-PA8:約40mA/約70mA/200g
R7D-YV2:約70mA/約130mA/150g
R7D-YV2A:約35mA(約40mA)/約60mA/150g
R7D-YS2:約100mA/約200mA/150g
R7D-YS2A:約35mA(約70mA)/約55mA/150g
R7D-EA8:約10mA/約10mA/90g
R7D-EA16:約20mA/約20mA/150g
R7D-EC8A:約10mA/約20mA/90g
R7D-EC16A:約30mA/約60mA/150g
R7D-EC8B:約10mA/約20mA/90g
R7D-EC16B:約30mA/約60mA/150g
( )内は出力用供給電源の消費電流です。

DeviceNet仕様
通信ケーブル:DeviceNet準拠のケーブル
伝送速度設定:125kbps、250kbps、500kbps、自動追従
(ロータリスイッチにより設定、工場出荷時設定 125kbps)
(詳細は取扱説明書を参照下さい。)
状態表示ランプ:MS、NSで状態を表示
(詳細は取扱説明書を参照下さい。)
ノードアドレス設定:1~63
(ロータリスイッチにより設定、工場出荷時設定 00)
(詳細は取扱説明書を参照下さい。)

適合規格
適合EU指令:
電磁両立性指令(EMC指令)
 EMI EN 61000-6-4
 EMS EN 61000-6-2
低電圧指令
(R7D-DC8Cのみ対象。詳細は取扱説明書をご参照下さい)
 EN 61010-1、EN 61010-2-201
 測定カテゴリⅡ(出力)
 汚染度2
出力-通信間 基本絶縁(150V)
RoHS指令
 EN 50581
認定安全規格:
UL/C-UL nonincendive Class I,
  Division 2,Groups A,B,C and D
  (ANSI/ISA-12.12.01,CAN/CSA-C22.2 No.213)
UL/C-UL 一般安全規格
  (UL 61010-1, CAN/CSA-C22.2 No.61010-1)

パネル図

配線

データ変換

データ配置

ビット配置

伝送データ

増設
基本ユニットには、1ユニットのみ増設ユニットを接続することができます。増設ユニットの電源は基本ユニットから供給します。
増設ユニットを組合わせることにより、アナログ入出力と接点入出力が混在したユニットとして使用することができます。また、接点32点入力ユニット、接点32点出力ユニット、接点入出力各16点ユニットとして使用することができます。
接点リレー8点出力ユニットには、増設ユニットを接続することができません。
■通信断時の出力
出力増設ユニットは出力保持(出荷時設定)となります。
コンフィギュレータソフトウェア(形式:R7CON)にて出力クリアの設定が可能です。

外形寸法図(単位:mm)

© 2011 株式会社エム・システム技研