*一部表示できない項目がございます。
詳細につきましては仕様書PDFをご参照ください。


R5T-PC2

リモートI/O変換器 R5 シリーズ

パルス出力カード
(ねじ端子台形、Po2点(フォトMOSリレー))

形式:R5T-PC2①②

価格
基本価格 30,000円
加算価格
通信2重化 +5,000円
・オプション仕様により加算あり。

ご注文時指定事項
・形式コード:R5T-PC2①②
①、②は下記よりご選択ください。
(例:R5T-PC2W/Q)
・オプション仕様(例:/C01/S01)

出力点数
2:2点出力

①通信
S:シングル
W:2重化

②付加コード
◆オプション仕様
無記入:なし
/Q:あり(オプション仕様より別途ご指定下さい。)

オプション仕様(複数項指定可能)
◆コーティング(詳細は、弊社ホームページをご参照下さい。)
/C01:シリコーン系コーティング +500円
/C02:ポリウレタン系コーティング +500円
/C03:ラバーコーティング +500円
◆端子ねじ材質
/S01:ステンレス +500円

機器仕様
接続方式
・内部通信バス:ベース(形式:R5-BS)に接続
・出力信号:M3.5ねじ端子接続(締付トルク 0.8N・m)
・内部電源:ベース(形式:R5-BS)より供給
端子ねじ材質:鉄にニッケルメッキ(標準)または、ステンレス
アイソレーション:Po1-Po2-内部通信バス・内部電源間
RUN表示ランプ:赤/緑2色LED
内部通信バス1正常時、赤色点灯
内部通信バス2正常時、緑色点灯
バス1およびバス2が共に正常な場合は赤色と緑色が同時に点灯し橙色となります。
出力状態表示ランプ:赤色LED、リレー励磁時点灯
パルス幅設定:5ms、10ms、50ms、100ms、500ms、1s、1.5s、2s(側面のディップスイッチにより設定)
積算値リセット設定:側面のディップスイッチにより設定

出力仕様
出力信号:フォトMOSリレー2点
コモン:独立コモン
接点定格:125V AC/DC 50mA(抵抗負荷)
最大オン抵抗:50Ω
最大出力周波数:100Hz(ディップスイッチにより設定可能)
積算パルス数:1~10000(リセット時のみ“0”)
(コンフィギュレータソフトウェア(形式:R5CON)にて最大積算パルス数を100~60000で設定可能)
カウントオーバーフロー時の動作:リセットして1より再カウント

設置仕様
使用温度範囲:-10~+55℃
使用湿度範囲:30~90%RH(結露しないこと)
使用周囲雰囲気:腐食性ガス、ひどい塵埃のないこと
取付:ベース(形式:R5-BS)に取付
質量:約110g

性能
占有エリア:2
応答時間:0.1s以下
絶縁抵抗:100MΩ以上/500V DC
耐電圧:
Po1-Po2-内部通信バス・内部電源間
1500V AC 1分間
供給電源-FG間(電源カードにて絶縁)
2000V AC 1分間

適合規格
適合EU指令:
電磁両立性指令(EMC指令)
 EMI EN 61000-6-4
 EMS EN 61000-6-2
低電圧指令
 EN 61010-1、EN 61010-2-201
 測定カテゴリⅡ(出力)
 汚染度2
接点出力-内部通信バス・内部電源間 基本絶縁(300V)
RoHS指令
 EN 50581

用語解説
■積算値リセット    
①通信カード、または通信カードに接続されているケーブルを取外します(他の機器との通信を停止させます)。
②積算値リセットスイッチ(SW8)をONにします。
③カードを実装し、電源をONにします。
④RUN表示ランプが赤色に点灯し、積算値のリセットを開始します。終了すると赤色から緑色の点灯に変化します。
赤色の状態では、電源をOFFにしないで下さい。
⑤緑色の点灯を確認し、電源をOFFにします。
⑥積算値リセットスイッチ(SW8)をOFFにします。
⑦通信カードを元に戻し、電源をONにします。
注)積算値リセットスイッチ(SW8)がONの状態では、パルスの出力を行いませんので、必ずOFFに戻して下さい。

パネル図

外形寸法図(単位:mm)・端子番号図

ブロック図・端子接続図

© 2011 株式会社エム・システム技研