*一部表示できない項目がございます。
詳細につきましては仕様書PDFをご参照ください。


MSP6D

操作部コンポーネント

ミニトップ
(DeviceNet用電子アクチュエータ、リニアモーションタイプ)

主な機能と特長
●DeviceNet搭載のPLCと直結可能な小形制御弁用アクチュエータ(駆動部)
●1本のケーブルによるディジーチェーン接続で配線コストが削減可能
●他のDeviceNet機器と同一ケーブル上に混在可能
●DeviceNet通信経由で離れた場所から各種設定が可能
●各種情報をDeviceNet経由で読取り可能
●読取った情報はバルブやミニトップの保守点検に利用可能
●1/1000高分解能形
アプリケーション例
●食品関連プラントやコージェネレーションシステム等における小口径弁の連続比例制御
●ビル、工場などの空調設備
●浄水場における薬液注入設備など微少流量制御

形式:MSP6D-①②③-④R

価格
基本価格 210,000円
加算価格
M6ピッチ0.75めねじ +3,000円
M6ピッチ1.0 めねじ +3,000円
M8ピッチ1.25めねじ +3,000円
M10ピッチ1.5めねじ +3,000円

ご注文時指定事項
・形式コード:MSP6D-①②③-④R
 ①~④よりご選択下さい。
(例:MSP6D-361-CR)

①ストローク
3:10~20mm
4:20~40mm

②開閉時間(推力)
3:9秒/10mm(600N)
4:18秒/10mm(1200N)
5:24秒/10mm(1800N)
6:36秒/10mm(2500N)

③出力軸形状
6:M6ピッチ0.75めねじ
8:M8ピッチ1.0めねじ
1:M10ピッチ1.25めねじ
D:M6ピッチ1.0めねじ
E:M8ピッチ1.25めねじ
F:M10ピッチ1.5めねじ

④CEマーキング
C:適合
0:非適合

供給電源
◆直流電源
R:24V DC(許容範囲 ±10%、リップル含有率 10%p-p以下)

機器仕様
保護等級:IP66(ただしコネクタ部はIP67)
作動:正作動・逆作動(出荷時は逆作動に設定)
(正立取付して入力信号増加時、出力軸が上昇側に動作する場合を逆作動と呼びます。)
通信異常発生時の出力軸動作:下降・上昇・停止
(動作方向は正立取付時。ディップスイッチにて設定、出荷時は停止に設定)
ノードアドレス設定:0~63 ディップスイッチにより設定
伝送速度設定:125、250、500kbps ディップスイッチにより設定(出荷時は125kbpsに設定)
回路接続方式
・通信回路:5芯マイクロコネクタ(オス形)
・電源:4芯マイクロコネクタ(オス形)
通信ケーブル:DeviceNet準拠のケーブル(例:オムロン(株)製DCA1)
電源ケーブル:コネクタ付ケーブル(例:オムロン(株)製XS2FまたはXS2WD42)
きょう体材質:アルミニウム鋳物
駆動モータ:ステッピングモータ
ストローク検出:ポテンショメータ
アイソレーション:通信-電源間
ゼロ調整範囲:0~25%
スパン調整範囲:50~100%
MS表示ランプ:赤/緑2色LED、動作状態を表示
NS表示ランプ:赤/緑2色LED、ネットワークの稼動状態を表示
手動操作機能:なし

出力仕様
■開閉時間および推力(定格電源電圧において)
MSP6D-□3:開閉時間9秒/10mm、推力600N
MSP6D-□4:開閉時間18秒/10mm、推力1200N
MSP6D-□5:開閉時間24秒/10mm、推力1800N
MSP6D-□6:開閉時間36秒/10mm、推力2500N

設置仕様
消費電流
・直流電源:約0.5A(モータ起動時には、上記の約1.5倍の電流が流れます。)
通信電源電圧:11~25V DC(通信コネクタより供給)
通信電源電流:60mA以下
使用温度範囲:-5~+55℃
使用湿度範囲:30~85%RH(結露しないこと)
耐振性:4.9m/s2(0.5G)以下
取付:全方向(水滴などがかかる場合は、出力軸およびケーブルコネクタが上向きになるような取付はできません。)
質量:約3.0kg

性能
分解能:1/1000または0.02mmの大きい方
(不感帯設定値 0.1%の場合)
絶縁抵抗:
通信(ドレインを除く)-電源・きょう体間
100MΩ以上/500V DC
電源-きょう体間
100MΩ以上/100V DC
耐電圧:
通信(ドレインを除く)-電源・きょう体間
1500V AC 1分間
電源-きょう体間
100V AC 1分間

適合規格
適合EU指令:
電磁両立性指令(EMC指令)
 EMI EN 61000-6-4
 EMS EN 61000-6-2
RoHS指令
 EN 50581

通信項目

外形寸法図(単位:mm)

ブロック図

© 2011 株式会社エム・システム技研