*一部表示できない項目がございます。
詳細につきましては仕様書PDFをご参照ください。


MAKN

電子機器専用避雷器 M・RESTER シリーズ

N-PE間保護用避雷器
国土交通省公共建築工事標準仕様書
(電気設備工事編 平成22年版)準拠品

主な機能と特長
●電源ラインに侵入する誘導雷サージから電気機器を保護
●電源のニュートラル(N)と設備側接地(PE)間に並列接続する1ポートSPD
●放電耐量40kA(8/20μs)の超高耐量形
●放電素子にガス入り放電管を採用。地絡事故で発生するN-PE間の過電圧にも安全に対応
●エレメント部をはずしても供給電源を遮断しません。点検・交換が容易
●万一素子が劣化して過電流が流れても、電源ラインから切離します。また、切離し回路が作動したことを表示すると同時に、警報出力で外部に異常を知らせます。
●電圧識別キーでエレメント部の誤挿入を防ぎます。
●JIS C5381-1クラスII 準拠
アプリケーション例
●TT系統(電源側接地(N)と設備側接地(PE)が別接地)のN-PE 間保護
●低圧用分電盤に設置
●負荷電流の大きい設備との組合わせ

形式:MAKN-220①

価格
基本価格 23,000円
警報出力なし -5,000円
エレメント部のみ 15,000円

ご注文時指定事項
・形式コード:MAKN-220①
 ①は下記よりご選択下さい。
(例:MAKN-220/AN)

使用電圧
220:220V AC

①付加コード
◆形態
無記入:専用ベース付(警報出力付)
/AN:専用ベース付(警報出力なし)
/BN:エレメント部のみ(取換用)

関連機器
・並列接続形電源用避雷器(形式:MAK2)
・単体取付アダプタ(形式:MBS)
・連結バー(形式:CNB)
■エネルギー協調機器(クラスI)
・並列接続形電源用避雷器(形式:MAL)
・N-PE間保護用避雷器(形式:MALN)

機器仕様
構造:プラグイン構造
保護等級:IP20(絶縁キャップで圧着端子を覆った場合)
避雷方式:スイッチング形1ポートSPD(IEC 61643-1による)
放電素子:ガス入り放電管
接続方式
・ライン:M5ねじ端子接続(セルフアップ端子)
(締付トルク 2.5N・m)
・警報出力:コネクタ形ユーロ端子台(締付トルク 0.25N・m)
適用電線サイズ
・ライン:圧着端子の選定によります。
(適用圧着端子サイズの図を参照)
・警報出力:0.14~1.5mm2、剥離長 7mm
ハウジング材質:難燃性黒色樹脂
警報出力:感熱切離し回路の作動時およびエレメント部引抜き時に出力(c 接点)
・定格負荷:250V AC 0.5A(抵抗負荷)
125V DC 0.2A(抵抗負荷)
・最小適用負荷:5V DC 1mA
電圧識別キー:エレメント部突起とベース部鍵穴の敢合により識別
安全機能:感熱切離し回路内蔵
異常表示:点検用透明窓に表示
緑色(正常)、黒色(異常(感熱切離し回路作動))

設置仕様
使用温度範囲:-5~+55℃
使用湿度範囲:30~90%RH(結露しないこと)
取付:DINレール取付(壁取付をする場合は、単体取付アダプタ(形式:MBS)をご使用下さい。)
質量:約100g

性能
応答時間:100ns以下
放電耐量:40kA(8/20μs)
公称放電電流:20kA(8/20μs)
TOV電圧:1200V/0.2s
絶縁抵抗:N・PE-警報出力間
100MΩ以上/500V DC
耐電圧:N・PE-警報出力間 2000V AC 1分間
避雷器所要性能:JIS C5381-1 クラスⅡ
        IEC 61643-1 Class Ⅱ
洩れ電流:100μA以下 下表の動作開始電圧値にて

結線要領

外形寸法図(単位:mm)・端子番号図

ブロック図・端子接続図

© 2011 株式会社エム・システム技研