*一部表示できない項目がございます。
詳細につきましては仕様書PDFをご参照ください。


TLA

スーパーテレメータ シリーズ

てれとーく

主な機能と特長
●アナログ入力4点の計測、瞬時値を電話からの問合わせに音声で報告
●アナログ入力4点に上下限警報設定を行うことにより事象の検出を行い、メッセージを電話に音声通報
●Windows上の専用ビルダーで動作設定

形式:TLA-①-K

価格
基本価格 220,000円
加算価格
音声機能付 +50,000円

ご注文時指定事項
・形式コード:TLA-①-K
 ①は下記よりご選択下さい。
(例:TLA-1-K)

①音声機能
0:なし
1:あり

供給電源
◆交流電源
K:85~132V AC(許容範囲 85~132V AC、47~66Hz)

関連機器
・モジュラRS-232-C 変換ケーブル(形式:TLC)
・USBシリアル変換アダプタ(形式:USB-RSAQ□、アイ・オー・データ機器製)
・本器設定用パソコン(OS:Windows XP、7(32bit/64bit)、10(32bit/64bit))
(お客様ご用意)
本器設定用ソフト(形式:TLWBLD)をインストールして使用
ソフトウェアは、弊社のホームページよりダウンロードが可能です。
・バックアップ電池ユニット(形式:TLB1)
・電話回線用避雷器(形式:MD-TL)
・電源用避雷器(形式:MA-100)

機器仕様
構造:プラグイン構造
接続方式
・交流電源・アナログ入力:M3.5ねじ端子接続
・バックアップ用直流電源:コネクタ形ユーロ端子台
(適用電線サイズ:0.2~0.5mm2、剥離長 7mm)
・電話回線接続口:モジュラジャック
・RS-232-C:モジュラジャック
ハウジング材質:難燃性黒色樹脂
設定スイッチ:監視と点検に切換(出荷時は監視に設定)
アイソレーション:アナログ入力・RS-232-C・直流電源-LINE-FG-交流電源間
カレンダ時計:年(西暦4ケタ)・月・日・時・分・秒(リチウム電池内蔵)
電源表示ランプ:緑色LED、動作時点灯
停電時動作保証:直流電源部によりバックアップ可能

RS-232-C仕様
通信規格:EIA RS-232-C 準拠
通信方式:全二重非同期式無手順
伝送速度:19200bps
コネクタ:6 ピン、モジュラジャック
ケーブル:モジュラRS-232-C変換ケーブル

NCU仕様
適用回線:
一般公衆回線(2線式)およびPBXの内線(ただし0発信)
(NTT回線準拠。極性反転なし回線には対応しません。)
制御方法:自動受信/自動発信(NCU:AA形)
通信方式:DTMF通信
JATE認定:S98-4078-0

入力仕様
入力信号:電圧入力 4点
コモン:マイナスコモン
入力範囲:0.5~5.5V DC(1~5V DC)
入力抵抗:100kΩ以上

設置仕様
供給電源
・交流電源:約6VA
・直流電源(バックアップ用):許容電圧範囲 6~9V DC
リップル含有率10%p-p以下
約5W 750mA
使用温度範囲:-5~+55℃
使用湿度範囲:30~90%RH(結露しないこと)
取付:壁またはDINレール取付
質量:約400g

性能(スパンに対する%で表示)
変換精度:±0.2%
温度係数:±0.015%/℃
許容瞬停時間:20ms以下
絶縁抵抗:
アナログ入力・RS-232-C・LINE-電源-FG間
100MΩ以上/500V DC
アナログ入力・RS-232-C-LINE間
1MΩ以上/250V DC
耐電圧:
アナログ入力・RS-232-C・LINE-電源-FG間
1000V AC 1分間
アナログ入力・RS-232-C-LINE間
500V AC 1分間

ソフトウェア機能概要
てれとーく(形式:TLA)は通報機能と報告機能を持ちます。いずれも電話を使った音声での読上げが主たる機能です。
通報機能:通報文は英数カナ漢字で最大32文字設定できます。
ビルダーソフトにて、あらかじめ上限設定値、下限設定値をTLAにダウンロードしてある場合、次の条件で電話に音声で通報を行います。
1、アナログ入力値がアラーム上限値を超えたとき(上限異常)
2、アナログ入力値が上限異常の状態で、アラーム上限値からヒステリシス値分下降したとき(上限異常復帰)
3、アナログ入力値がアラーム下限値を下回ったとき(下限異常)
4、アナログ入力値がアラーム下限異常の状態で、アラーム下限値からヒステリシス値分上昇したとき(下限異常復帰)
5、TLAに供給されている100V AC電源が切断されたとき(停電通報)
(ただし、バックアップ電源が接続されていることが必要です)
6、TLAに供給される100V ACが復電したとき(復電通報)
(ただし、バックアップ電源が接続されており、バックアップ電源にて動作中であることが必要です)
報告機能:報告機能は音声に限られます。一般回線の電話、携帯電話などからTLAに電話をかけて、TLAが要求に対して報告します。TLAにはビルダーソフトにて、あらかじめ報告内容が設定されていることが必要です。
・Ai音声報告:入力されたアナログ値をビルダーソフトで設定されているスケールレンジにて実量値に変換し、設定されている文字列と合わせて音声にて読上げます。
・Ai比較報告:入力されたアナログ値の値によって、読上げる文字列を選択して音声読上げをすることができます。
(例:入力値から風向きなどの読上げに変換する場合に使用されます)

パネル図

端子接続図

外形寸法図(単位:mm)・端子番号図

システム構成例

© 2011 株式会社エム・システム技研