*一部表示できない項目がございます。
詳細につきましては仕様書PDFをご参照ください。


DAST-10

DASTシリーズ

テレメータシステム

主な機能と特長
●雷対策を付加した小形テレメータシステム
●アナログ1点または接点1点を伝送
●プラグイン構造のためメンテナンス容易
●経済的な50bps(特殊な直流方式)伝送
●接点出力は2出力
●出力回路は入力並びに電源と電気的に絶縁

形式:DAST-10-①②-③

価格
基本価格
DAST-10-□A 210,000円
DAST-10-□B 125,000円

ご注文時指定事項
・形式コード:DAST-10-①②-③
①~③は下記よりご選択下さい。
(例:DAST-10-AA-B)
・送信局:アナログ信号をお求めの場合は、入力信号1~5V DC
               または4~20mA DCをご指定下さい。

①種類
A:送信局
B:受信局

②入出力信号
A:アナログ信号
B:接点信号

③供給電源
◆交流電源
B:100V AC
C:110V AC
D:115V AC
F:120V AC
G:200V AC
H:220V AC
J:240V AC

申請要請
最寄りのNTT営業所で回線使用の申請申込書を入手する必要があります。詳しくは「専用契約申込みの手引」(無料)がNTTに用意されていますので、お問合せ下さい。
  DAST-10の適合認定はDAST-10を構成している伝送ユニットで取得しています。申込書の「端末設備の品名等」については、下表の通り伝送ユニットの品名と適合認定番号をご記入下さい。
  また、DAST-10は同一加入区域でのみ利用が可能です。
送信局と受信局の設置場所が同一加入区域にあるか、所轄のNTT営業所にご確認下さい。

機器仕様
構造:壁取付シャーシに避雷器、伝送ユニットをマウント
接続方式
・伝送ライン:M4ねじ端子接続(締付トルク 0.8N・m)
・入出力信号・供給電源:M3.5ねじ端子接続
(締付トルク 0.8N・m)
・接地:M4ねじ端子接続(締付トルク 0.8N・m)
端子ねじ材質
・伝送ライン・接地:鉄にニッケルメッキ
・入出力信号・供給電源:鉄にクロメート処理
シャーシ材質:鋼板に黒色クロメート処理
ハウジング材質:難燃性黒色樹脂
アイソレーション
・送信局:回線-入力-電源間
・受信局:回線-出力-電源間
ゼロ調整範囲:-5~+5%(前面から調整可)
(アナログ信号のときのみ付きます)
スパン調整範囲:95~105%(前面から調整可)
(アナログ信号のときのみ付きます)
モニタランプ :赤色LED 接点ON時点灯
                      緑色LED 接点OFF時点灯
                    (接点信号のときのみ付きます)

避雷器仕様
■避雷器(形式:MDP-24-1)
最大使用電圧(Uc)
・線間:30Vmin
・線-接地間:±140Vmin
保護レベル(Up)
・@1kV(100A)
 線間:40Vmax
 線-接地間:±650Vmax
・@2kV(1kA)
 線間:45Vmax
 線-接地間:±800Vmax
応答時間
・線間:4ns以下
・線-接地間:20ns以下
洩れ電流
・線間:5μA以下 30V DCにて
・線-接地間:5μA以下 ±140V DCにて
放電耐量(Imax):5000A(8/20μs)
最大負荷電流(IN):100mA
内部直列抵抗:20Ω±10%(往復2線)
静電容量
・線間:1000pF以下 1MHzにて
・線-接地間:100pF以下 1MHzにて

入出力仕様
■送信局
●アナログ信号(形式:TMA-S)
アナログ入力信号:1~5V DCまたは4~20mA DC 1点
入力抵抗:電流入力の場合は、伝送ユニットのソケットに
        入力端子取付用の抵抗器(0.5W)が付属します。
入力レンジ
1~5V DC  :1MΩ以上
4~20mA DC:250Ω
●接点信号(形式:TMR)
接点入力信号:無電圧スイッチ1点
入力検出電圧/電流:18V DC/5mA
検出レベル:オン 3kΩ以下
     :オフ30kΩ以下
送信可能周波数:20Hz以下

■受信局
●アナログ信号(形式:TMA-R)
アナログ出力信号:4~20mA DC
許容負荷抵抗:750Ω以下
●接点信号(形式:TMR)
接点出力信号:リレー接点2点
最大周波数:1Hz
定格負荷:100V AC 5A(cosφ=1)
     24V DC 5A(抵抗負荷)
     電気的寿命5万回(頻度30回/分)
最大開閉電圧:380V AC 125V DC
最大開閉電力:500VA AC 120W DC
最小適用負荷:5V DC 10mA
機械的寿命:5000万回以上
出力パルス幅(ONパルス、OFFパルス共):
・入力パルス幅≧25 msのとき
  出力パルス幅=入力パルス幅
・1 ms≦入力パルス幅<25 msのとき
  出力パルス幅=25 ms
・入力パルス幅<1 msのとき
  入力パルスを検知できません

設置仕様
供給電源:定格電圧±10% 50/60Hz±2Hz 約2VA
接地:必ず100Ω以下で接地して下さい
回線の許容導線抵抗:3kΩ以下(往復2線)
使用温度範囲:-5~+55℃
使用湿度範囲:30~90%RH(結露しないこと)
使用周囲雰囲気:腐食性ガス、ひどい塵埃のないこと
取付:壁取付
質量:約800g

性能(スパンに対する%で表示)
■アナログ信号
基準精度:±0.1%(送信、受信局個々に対し)
温度係数:±0.015%/℃(送信、受信局個々に対し)
応答時間:0.8s以下(0→90%)
電源電圧変動の影響:±0.1%/許容電圧範囲
(送信、受信局個々に対し)
■接点信号
応答時間:80ms以下
絶縁抵抗:100MΩ以上/500V DC
耐電圧
・送信局:回線-入力-電源間
・受信局:回線-出力-電源間
1000V AC 1分間
・送信局:入力-大地間
・受信局:出力-大地間
2000V AC 1分間
(アナログ信号は避雷器のエレメント部を取外して測定)

NTTから借用できる回線
NTTで開放している回線は数種類あり、テレメータではそのうちの「50bps(特殊な直流方式)」と称する回線を利用します。
この回線の利用条件は下表の通りです。

ケーブルの導線抵抗
通常、市内電話回線の心線経は0.65mmが多く、下表の通り
1kmあたり往復の導線抵抗値は100Ωで、3kΩはおよそ30km
に相当します。

取付寸法図(単位:mm)

前面パネル図・端子番号図

端子接続図

外形寸法図(単位:mm)

システム構成

© 2011 株式会社エム・システム技研