*一部表示できない項目がございます。
詳細につきましては仕様書PDFをご参照ください。


D3-NS2

テレメータ D3 シリーズ

テレメータインタフェースカード
(多重伝送(SIN-NET)用)

主な機能と特長
●専用回線、私設線用テレメータカード(形式:D3-LT7、D3-LT8、D3-LT9)を同一ベース上に実装し、SIN-NET機器(形式:D3-NS1)をインタフェースするカード
●ステーション番号の設定だけでテレメータとして動作

形式:D3-NS2-①②

価格
基本価格 250,000円
加算価格
100~120V AC電源  +10,000円
200~240V AC電源  +10,000円
24V DC電源  +10,000円
・オプション仕様により加算あり。

ご注文時指定事項
・形式コード:D3-NS2-①②
①、②は下記よりご選択ください。
(例:D3-NS2-R/Q)
・オプション仕様(例:/C01)

①供給電源
N:供給電源回路なし
◆交流電源
K3:100~120V AC(許容範囲 85~132V AC、47~66Hz)
L3:200~240V AC(許容範囲 170~264V AC、47~66Hz)
◆直流電源
R:24V DC(許容範囲 ±10%、リップル含有率 10%p-p以下)
*、電源カード、供給電源回路付テレメータカードと併用する
  場合は使用できません。また、電源の2重化時は使用でき
  ません。

②付加コード
◆オプション仕様
無記入:なし
/Q:あり(オプション仕様より別途ご指定下さい。)

オプション仕様
◆コーティング(詳細は、弊社ホームページをご参照下さい。)
/C01:シリコーン系コーティング +500円
/C02:ポリウレタン系コーティング +500円
/C03:ラバーコーティング +500円

注意事項
D3-NE1、D3-NM1などの上位通信カードと接続できないため、上位通信およびPC制御機能はありません。
本器とテレメータカード(形式:D3-LT7、D3-LT8、D3-LT9)を同一ベースに実装することで、多重伝送テレメータとして動作します。

関連機器
・1200bpsテレメータカード(形式:D3-LT7)
・50bpsテレメータカード(形式:D3-LT8)
・ツイストペア10km対応テレメータカード(形式:D3-LT9)

機器仕様
接続方式
・SIN-NET:コネクタ形ユーロ端子台
(適用電線サイズ:0.2~2.5mm2、剥離長7mm)
・内部通信バス:ベース(形式:D3-BS□)に接続
・内部電源:ベース(形式:D3-BS□)より供給
・供給電源・RUN接点出力:M3ねじ2ピース端子台接続(締付トルク0.5 N・m)
推奨圧着端子:R1.25-3(日本圧着端子製造、ニチフ)
(スリーブ付圧着端子使用不可)
(適用圧着端子サイズの図を参照)
・適用電線サイズ:0.75~1.25mm2
端子ねじ材質:鉄にニッケルメッキ
アイソレーション:SIN-NET-内部通信バス・内部電源-供給電源-RUN接点出力-FG・FG1間
RUN表示ランプ:同一ベース上にテレメータカード(形式:D3-LT7、D3-LT8、D3-LT9)実装時 緑色点灯
テレメータカード未実装時 消灯
ERR表示ランプ:赤/緑2色LED、通信異常時 緑色点灯/点滅
ステーション番号設定重複時 赤色点滅(赤色点滅時は電源の再投入が必要になります)
■RUN接点出力
・RUN表示ランプが緑色点灯時ON(テレメータカード実装時
  ON)
定格負荷:250V AC 0.5A(cosφ=1)
30V DC 0.5A(抵抗負荷)
最大開閉電圧:250V AC  30V DC
最大開閉電力:250VA(AC) 150W(DC)
最小適用負荷:1V DC  1mA
機械的寿命:2000万回(300回/分)
誘導負荷を駆動する場合は接点保護とノイズ消去を行って下さい。

多重伝送仕様
通信方式:同期式半二重
通信規格:RS-422準拠
伝送速度:125kbps
制御手順:SIN-NETプロトコル
(専用手順でDATAフォーマットはSDLC準拠)
誤り制御方式:CRC
伝送ケーブル:CPEV-0.9φ
伝送距離:1km以下(16局接続時)
3km以下
(A地点3局とB地点3局間の伝送時)
伝送ラインの終端抵抗:内蔵(伝送ラインの末端以外のインタ
フェースカードでは、付属のショートチップを取外して下さい)
ステーション番号設定:00~FF(16進数)ロータリースイッチにより設定

設置仕様
消費電力
・交流電源:約20VA
・直流電源:約12W
消費電流(供給電源なし):120mA
出力電流(供給電源あり):20V DC 250mA(連続)
400mA(10分間)
使用温度範囲:-10~+55℃
使用湿度範囲:30~90%RH(結露しないこと)
使用周囲雰囲気:腐食性ガス、ひどい塵埃のないこと
取付:ベース(形式:D3-BS□)に取付
質量:約200g

性能
絶縁抵抗:100MΩ以上/500V DC
耐電圧:SIN-NET-内部通信バス・内部電源-供給電源-
RUN接点出力-FG・FG1間
1500V AC 1分間

伝送時間の算出方法
ここでは、1:1 伝送の場合について説明しています。その他の構成(1:N 伝送や1:1:1 伝送(A局:B局:C局伝送)など)についてはお問合わせ下さい。

(1)各局の伝送データ量と伝送時間
D3-NS1が実装されている局の入出力の種類によりデータの伝送量は異なります。D3-NS2が実装されている局は各局のデータを集め相手局に伝送します。

(D3-NS1実装局の入出力構成:伝送データ量)
Di32点、Di16点+Do16点:11バイト
Di64点:22バイト
Ai16点、Ai16点+Ao16点:54バイト
Ai32点:108バイト
Ai64点:216バイト
Ai8点+Ao8点+Di8点+Do8点:27バイト
Do32点、Do64点、Ao16点、Ao32点、Ao64点:6バイト

伝送データ量より1局の1回分の伝送時間を求めます。接点入力データは1回の伝送で32点、アナログ入力データは1回の伝送で8点を伝送します。
伝送時間=(データ伝送量)×(1バイトのデータビット数÷通信カードの伝送速度(bps))+通信カードの待ち時間
待ち時間は
D3-LT7:0.3秒
D3-LT8:0.4秒
D3-LT9:0.1秒

例1)Ai32点、Ai8点+Ao8点+Di8点+Do8点、Do32点(相手局の構成はそれぞれAo32点、Ai8点+Ao8点+Di8点+Do8点、Di32点)構成時の伝送時間
・Ai32点構成時(D3-LT7:1200bpsを使用)
 1回の伝送でAi8点を伝送するため、下記となります。
 ((108÷4)×8÷1200+0.3)×4=1.92秒
・Ai8点+Ao8点+Di8点+Do8点構成時(D3-LT7:1200bpsを使用)
 27×8÷1200+0.3=0.48秒
・Do32点構成時(D3-LT7:1200bpsを使用)
 6×8÷1200+0.3=0.34秒

(2)D3-NS2の伝送時間
(1)で求めた各局の伝送時間からD3-NS2の伝送時間
を求めます。
D3-NS2の伝送時間=各局の伝送時間の和

例2)A側にAi32点の局とAi8点+Ao8点+Di8点+Do8点の局とDo32点の局、B側にAo32点の局とAi8点+Ao8点+Di8点+Do8点の局とDi32点の局が接続している場合
(D3-LT7:1200bpsを使用)
・A側の伝送時間
 1.92+0.48+0.34=2.74秒
・B側の伝送時間
 0.34+0.48+0.37=1.19秒

(3)総伝送時間と伝達時間
総伝送時間は一巡する時間とします。
総伝送時間=A側の伝送時間+B側の伝送時間
 例2の場合の伝送時間は
 2.74+1.19=3.93秒

伝達時間は入力カードに入力された信号が、相手局の出力カードに出力するまでの時間とします。

例2の場合の最小、最大伝達時間を求めます。
 最小伝達時間(Ai32点の場合)
 入力してすぐ伝送の順番がきた場合、最小伝達時間とな
 ります。
 (108÷4)×8÷1200+0.3=0.48秒
 最大伝達時間(Ai32点の場合)
 入力する直前に伝送の順番がきた場合、次の順番で伝送す
 るため、最大伝達時間となります。
 最大伝達時間=総伝送時間+最小伝達時間
 =3.93+0.48=4.41秒

パネル図

外形寸法図(単位:mm)・端子番号図

ブロック図・端子接続図

システム構成例

© 2011 株式会社エム・システム技研