*一部表示できない項目がございます。
詳細につきましては仕様書PDFをご参照ください。


R6-PSM

省スペース リモートI/O変換器 R6 シリーズ

電源カード

主な機能と特長
●供給電源から入出力カードと通信カードに必要な内部電源の供給を行うカード
●ワールド電源対応

形式:R6-PSM①

価格
基本価格 20,000円
加算価格
・オプション仕様により加算あり。

ご注文時指定事項
・形式コード:R6-PSM①
 ①は下記よりご選択下さい。
 (例:R6-PSM/Q)
・オプション仕様(例:/C01)

供給電源
◆交流電源
100~240V AC(許容範囲 90~264V AC、47~66Hz)

①付加コード
◆オプション仕様
無記入:なし
/Q:あり(オプション仕様より別途ご指定下さい。)

オプション仕様
◆コーティング(詳細は、弊社ホームページをご参照下さい。)
/C01:シリコーン系コーティング +500円
/C02:ポリウレタン系コーティング +500円

関連機器
・ユーロ端子接続形省スペースリモートI/O変換器
  R6Dシリーズ
・ねじ端子接続形省スペースリモートI/O変換器
  R6Nシリーズ
・スプリング式端子接続形省スペースリモートI/O変換器
  R6Sシリーズ

機器仕様
接続方式
・内部通信バス:ベース(形式:R6□-BS8B)に接続
・RUN接点出力・供給電源:コネクタ形ユーロ端子接続
  (適用電線サイズ:0.2~2.5mm2、剥離長7mm)
・内部電源:ベース(形式:R6□-BS8B)に接続
ハウジング材質:難燃性黒色樹脂
アイソレーション:RUN接点出力-内部通信バス・内部電源-供給電源-FG間
電源表示ランプ:緑/橙2色LED、電源供給時 緑色点灯
通信正常時 橙色点灯
■RUN接点出力
RUN接点:上位PLC等と通信正常時ON
上位PLC等と通信異常時OFF
定格負荷:250V AC 0.5A(cosφ=1)
30V DC 0.5A(抵抗負荷)
最大開閉電圧:250V AC 30V DC
最大開閉電力:250VA(AC) 150W(DC)
最小適用負荷:5V DC 10mA
機械的寿命:2000万回(300回/分)
誘導負荷を駆動する場合は接点保護とノイズ消去を行って下さい。

設置仕様
供給電源
・交流電源: 
  100V ACのとき 約25VA
  200V ACのとき 約30VA
  264V ACのとき 約35VA
使用温度範囲:-10~+55℃
使用湿度範囲:30~90%RH(結露しないこと)
取付:ベース(形式:R6□-BS8B)に取付
質量:約120g

性能
出力電圧/電流(内部電源):24V DC ±1V 400mA(連続)
(ベースに実装する入出力カード・通信カードの消費電流の合計が400mA(連続)以下になるようにして下さい。)
絶縁抵抗:100MΩ以上/500V DC
耐電圧:RUN接点出力-内部通信バス・内部電源-供給電源-FG間
2000V AC  1分間

適合規格
適合EU指令:
電磁両立性指令(EMC指令)
 EMI EN 61000-6-4
 EMS EN 61000-6-2
低電圧指令
 EN 61010-1、EN 61010-2-201
 測定カテゴリⅡ(RUN接点出力)
 設置カテゴリⅡ(供給電源)
 汚染度2
 内部電源・RUN接点出力-供給電源-FG間 
 強化絶縁(300V)
 内部電源-RUN接点出力間 基本絶縁(300V)
RoHS指令
 EN 50581

消費電流の計算
通信カードおよび入出力カードは、電源カードから供給される
24V DCの直流電源で動作します。したがって通信カードおよび入出力カードの消費する電流の合計が電源カードの連続出力電流(400mA)以下であることが必要です。
電源カードの連続出力電流を超える場合は、入出力カードの組合わせを変更するか、実装するカード数を減らすなどして下さい。
R6□-SV2:20mA
R6□-SS2:20mA
R6□-TS2:20mA
R6□-TS2A:20mA
R6□-RS2:20mA
R6□-DS1:55mA
R6□-YV2:25mA
R6□-YS2:45mA
R6□-DA4:10mA
R6□-DC4A:20mA
R6□-DC4B:20mA
R6-NC1:110mA
R6-NC3:110mA
R6-ND1:40mA
R6-NE1:75mA
R6-NE2:75mA
R6-NM1:50mA
R6-NM2:50mA
R6-NF1:100mA
R6-NP1:100mA

パネル図

外形寸法図(単位:mm)・端子番号図

ブロック図・端子接続図
EMC(電磁両立性)性能維持のため、FG端子を接地して下さい。
注)FG端子は保護接地端子(Protective Conductor Terminal)ではありません。

© 2011 株式会社エム・システム技研