*一部表示できない項目がございます。
詳細につきましては仕様書PDFをご参照ください。


RMD

テレメータ

無線データ通信モデム

主な機能と特長
●長距離、高速データ伝送
●ケーブルやケーブル設置コストが不要
アプリケーション例
●ケーブル配線が困難な特殊環境や海上との通信
●工場現場など一時的なケーブル配線設備の代替
●工場間、ビル間などの長距離通信

形式:RMD-①

価格
基本価格
組込みセット 380,000円
屋内用つば付アンテナ 18,000円
コリニアアンテナ 136,000円
ダイバシティ平面アンテナ 35,000円
屋外用つば付アンテナ 35,000 円
アンテナ延長ケーブル(2m) 11,000 円
アンテナ延長ケーブル(5m) 35,000 円

ご注文時指定事項
・形式コード:RMD-①
 ①は下記よりご選択下さい。
(例:RMD-01)

①種類
01:組込みセット
A1:屋内用つば付アンテナ
A2:コリニアアンテナ
(本コードは生産中止となりました。代替としてA5をご利用ください)
A3:ダイバシティ平面アンテナ
A4:屋外用つば付アンテナ
A5:コリニアアンテナ
C1:アンテナ延長ケーブル(2m)
C2:アンテナ延長ケーブル(5m)

関連機器
・モデムインタフェース
形式:SMDM、SMDT、SMM
・RSケーブル
形式:DCN6

機器構成
RMD-01:無線機本体、本体取付金具、屋内用つば付アンテナ、アンテナ取付金具、AC アダプタ、電源ケーブル
RMD-A1:屋内用つば付アンテナ、アンテナ取付金具
RMD-A3:ダイバシティ平面アンテナ
RMD-A4:屋外用つば付アンテナ
RMD-A5:コリニアアンテナ、コリニアアンテナケーブル
RMD-C1:アンテナ延長ケーブル 2m
RMD-C2:アンテナ延長ケーブル 5m

機器仕様
構造:ボックス形
接続方式
・供給電源:ACアダプタ、DC電源端子接続
・RS-232-C(CDE):9ピン、Dサブコネクタ(オス形)
(コネクタ固定ねじ M2.6×0.45)
・アンテナ:コネクタ接続
きょう体材質:アルミ板金(黒色アルマイト処理)
アイソレーション:RS-232-C-電源間
接続モード設定:ディップスイッチにより設定
ホッピング設定:ロータリスイッチにより設定
電源表示ランプ:3色LED(赤/緑/橙)
・親局:電源ON時・通信時 赤色点灯、電源断時 消灯
・子局:電源ON時 赤色点灯、通信時 橙色点灯、電源断時 消灯
回線接続表示ランプ:2色LED(赤/緑)
  通信時 緑色点灯、回線切断時 赤色点灯
送信表示ランプ:2色LED(赤/緑)
  送信時 緑色点灯、無送信時 赤色点灯
受信表示ランプ:2色LED(赤/緑)
  受信時 緑色点灯、無受信時 赤色点灯

通信仕様
技術基準:ARIB標準規格 STD-33無線設備適合
(小電力データ通信システムの無線局の無線設備)
電波形式:スペクトル拡散
(DS/FHハイブリッド通信方式)
使用周波数:2474.0~2493.0MHz
周波数ホッピングパターン:10パターン
(同期ホッピング方式*1を使用することにより、同一エリア内同時10回線の通信が可能)
データ変調速度:51.9kbps(無線区間内)
空中線電力:10mW/MHz以下(180mWピーク)
到達距離:
・屋内 約240m(設置環境により異なる)
・屋外 約1200m(見通し距離)
誤り訂正機能:自動誤り検出と自動再送機能
外部インタフェース:RS-232-C
データレート:300~38400bps
アンテナの利得:
・屋内用つば付アンテナ 2.14dBi
・屋外用つば付アンテナ 2.14dBi
・ダイバシティ平面アンテナ*2 2.14dBi
・コリニアアンテナ(種類コードA5) 9dBi±1dBi
*1 使用時はメモリレジスタの設定が必要です。
*2 指向特性はアンテナの正面方向球形に広がります。背面方向には、ほとんど電波は放射されません。

モデム・インタフェース仕様
通信規格:EIA RS-232-C準拠
通信方式:全二重または半二重調歩同期(非同期)式
伝送速度:300~38400bps
コネクタ:9ピン、Dサブコネクタ(オス形)
ケーブル:ストレート形ケーブル(お客様ご用意となります。)

設置仕様
供給電源
・交流電源:専用ACアダプタ
  50/60±2Hz 約16VA
・直流電源:許容電圧範囲 9~31V DC
  リップル含有率10%p-p以下
  約5.5W(12V DC時、約450mA)
使用温度範囲:-10~+50℃
使用湿度範囲:30~90%RH(結露しないこと)
使用周囲雰囲気:腐食性ガス、ひどい塵埃のないこと
取付:壁取付
質量:約300g
■ご注意
本無線モデムは防水構造になっておりません。

パネル図

各部の名称と機能

外形寸法図(単位:mm)

システム構成例

RMD設置事前チェック項目
RMDを設置する際は、以下の項目を全て満たしていることが必要です。

□アンテナ同士の見通しは良好ですか。(片局のアンテナから相手局のアンテナが見えること)

□アンテナ同士は同じ方向を向いていますか。

□アンテナは高い位置に設置されていますか。

□アンテナの周り30cm以内に障害物(特に金属)、壁面などはありませんか。

□自局アンテナの周囲2m以内に異なる無線機のアンテナはありませんか。

□1台のRMDでアンテナを2本使用する場合、アンテナ間は30cm以上離してありますか。

□屋内用アンテナ(つば付アンテナなど)を屋外で使用する際、プラスチックなどの非金属容器に納めるなどの
 雨、雪対策はできていますか。

□延長ケーブルを屋外で使用する際、コネクタ雨水侵入対策はとれていますか。

□アンテナ、RMD本体の設置場所は固定されていますか。

© 2011 株式会社エム・システム技研