*一部表示できない項目がございます。
詳細につきましては仕様書PDFをご参照ください。


TL2R2-R2

フィールドロガーシリーズ

Webロガー
(リモートI/O 外付、携帯電話回線用)

主な機能と特長
●FTP(固定データ)にてパソコンへファイル転送
●入力データを監視し、異常が発生したときはあらかじめ設定されている通報文をEメールにて送信
●Webロガー本体、無線通信端末、市販品のパソコンまたはEメール機能付携帯電話があれば、遠隔監視と運転日報、運転月報、運転年報の作成が容易に可能
●収集・蓄積した現場データをパソコンのWebブラウザにて監視
●FOMA回線に対応
アプリケーション例
●マンホールポンプの状態監視、運転監視および運転日報、運転月報、運転年報の作成

形式:TL2R2-R2-①②

価格
基本価格 250,000円

ご注文時指定事項
・形式コード:TL2R2-R2-①②
①、②は下記よりご選択ください。
(例:TL2R2-R2-M2/L)

①供給電源
◆交流電源
M2:100~240V AC(許容範囲 85~264V AC、47~66Hz)
◆直流電源
R:24V DC(許容範囲 20.4~26.4V DC、リップル含有率 10%p-p以下)

②付加コード
◆帳票データの合計値の集計方法
無記入:サンプリングデータ集計
(収録したサンプリングデータから合計値を算出して表示する)
/L:表示データ集計
(帳票欄(セル内)に表示しているデータから合計値を算出して
表示する)
注)詳細な集計方法は取扱説明書の「帳票表示と運用上の注意」を
参照ください。

関連機器
・リモートI/O(形式:R1Mシリーズ、R5シリーズ、R3シリーズ、
R7Mシリーズ)
・ コンフィギュレータ接続ケーブル
(形式:MCN-CONまたはCOP-US)
・総合支援パッケージソフト(形式:TL2PAC)は弊社のホームページよりダウンロードが可能です。
・バックアップ電池ユニット(形式:TLB5)
(R電源時のみ使用可能)

推奨機種(動作確認済)
■無線通信端末
FOMA 通信アダプタ
・D2F Assist(販売終了)
・moderno.S(サンデン製)(販売終了)
・moderno.M(サンデン製)(販売終了)
・moderno.M2(サンデン製)
注)FOMA接続を行う場合に必要になります。お客様ご用意となります。

機器仕様
構造:プラグイン構造
接続方式
・RS-485:コネクタ形ユーロ端子台
(適用電線サイズ:0.2~2.5mm2、剥離長7mm)
・供給電源:M3.5ねじ端子接続
・接点出力駆動用電源:M3.5ねじ端子接続
・バックアップ電源:M3.5ねじ端子接続
・FG接地用端子:M3.5ねじ端子接続
・バックアップ電源用接点入力:M3.5ねじ端子接続
・装置故障接点出力:M3.5ねじ端子接続
・TL2POL用内蔵接点出力:M3.5ねじ端子接続
・RS-232-C
 無線通信端末接続用:
   9ピン、Dサブコネクタ(オス形)
   (コネクタ固定ねじ No.4-40 UNC)
端子ねじ材質:鉄にクロメート処理
ハウジング材質:難燃性黒色樹脂
トグルスイッチ
・RUN:動作時
・DISA.RPTG:通報停止
・CNFG:ビルダ使用時
アイソレーション:RS-232-C(無線通信端末接続用)-RS-485-FG-Do1・Do2・Do3・Do4・装置故障接点出力・接点出力駆動用電源-バックアップ電源用接点入力-電源・バックアップ電源間
カレンダ時計:年(西暦4ケタ)・月・日・曜日・時・分・秒
内蔵バッテリ:リチウム二次電池(バッテリ交換不可)
動作表示ランプ
・RUN:緑色LED、正常動作時点滅
・SEND:緑色LED、上位通信回線送信中に点灯
・FIELD:緑色LED、下位通信回線送信中に点灯

RS-485仕様
伝送路形態:バス形マルチドロップ
通信規格:TIA/EIA-485-A 準拠
伝送速度:38.4kbps
(1スタートビット、1ストップビット、8ビットデータ、奇数パリティ)
制御手順:Modbus-RTU
伝送距離:500m以下
伝送ケーブル:シールド付より対線(CPEV-S 0.9φ)

無線通信端末インタフェース仕様
通信規格:EIA RS-232-C準拠
通信方式:調歩同期式全二重
伝送速度:19200bps
データ長:8ビット
パリティ:なし
ストップビット:1ビット
コネクタ:9ピン、Dサブコネクタ(オス形)
ケーブル:ストレート形ケーブル(お客様ご用意となります。)

入力仕様
■バックアップ電源用接点入力
入力信号:無電圧スイッチ 1点
絶縁方式:フォトカプラ絶縁
検出電圧/電流:5V DC/4mA
接点閉/オン抵抗:200Ω以下
接点開/オフ抵抗:100kΩ以上
オン電圧:2.0V以下
オン洩れ電流:0.8mA以下

出力仕様
■TL2POL用内蔵・装置故障接点出力
出力信号:24V給電形オープンコレクタ 5点
コモン:マイナスコモン
絶縁方式:フォトカプラ絶縁
装置故障接点開閉条件
・正常時:接点閉
・異常時:接点開(CPU異常時、停電時)
最大定格負荷:30V DC 100mA(抵抗負荷)
飽和電圧:0.5V以下
過電流保護:0.2Aスロー・ブロー・ヒューズ(交換不可)
誘導負荷を駆動する場合は、接点保護とノイズ消去を
行ってください。

設置仕様
消費電力
・交流電源:約8VA
・直流電源:約6W 250mA
接点出力駆動用電源:24V DC -15~+10%、
約0.4W(24V DC時 約16mA)
バックアップ電源:12~14.2V DC
リップル含有率10%p-p以下 500mA
(R電源時のみ有効となります。)
使用温度範囲:-5~+45℃
使用湿度範囲:20~70%RH(結露しないこと)
取付:壁またはDINレール取付
質量:約500g

性能
カレンダ時計:月差1分以下(周囲温度変動±5℃/日以内)
絶縁抵抗:100MΩ以上/500V DC
耐電圧:
RS-232-C(無線通信端末接続用)・FG-RS-485-Do1・Do2・Do3・Do4・装置故障接点出力・接点出力駆動用電源-バックアップ電源用接点入力-電源・バックアップ電源間
2000V AC 1分間
RS-232-C(無線通信端末接続用)-FG間
500V AC 1分間

本器設定用パソコン環境
パソコン:RS-232-C(9ピン、Dサブコネクタ)または、USBポート(バージョン1.1以上)の接続が可能なこと
OS:Windows XP、Windows Vista Business 32bit、Windows 7(32bit/64bit)、Windows 10(32bit/64bit)

Web画面対応環境
OS:Windows XP、Windows Vista、Windows 7、Windows 10
Webブラウザ:Internet Explorer 4.0以上

パネル図

端子接続図
R3シリーズ、R5シリーズ、R7Mシリーズと接続する場合は、本体取扱説明書(NM-6160)を参照してください。

外形寸法図(単位:mm)・端子番号図

ロギング機能
事象検出機能:接点入力を0.5秒周期で監視し、異常発生/解除、機器運転入/切などの事象を検出
アナログ入力値を0.5秒周期で監視し、入力点ごとに設定された上限警報設定値、下限警報設定値に従って、異常発生/解除の事象を検出し、警報出力として出力する。
事象ログ機能:異常発生/解除、機器運転入/切、停復電などの事象を検出し、タイムスタンプを付けてメモリ内に最大8000件まで蓄積可能
トレンド記録機能:I/O入力データ(最大アナログ入力32点、接点入力32点)を1分周期で7日間記録
帳票作成機能:I/O入力データを時計データ、日計データ、月計データとして集計し日報や月報や年報を表示するための帳票データを自動作成
日報、月報、年報ともにA4判1ページに8項目のデータを表示可能
帳票データ項目は別表「帳票データ項目一覧」を参照
・日報:11日間(当日含む)を記録
・月報:13か月間(当月含む)を記録
・年報:2年間(当月含む)を記録

通信機能
・Eメール通信機能
Eメール通報:異常発生/解除、機器運転入/切、アナログ上下限警報、停復電などの事象検出にてEメール通報
通報先Eメールアドレスは最大8か所
認証方式はAPOP、POP3、SMTP-AUTH(CRAM-MD5、
LOGIN、PLAIN)に対応
Web機能:本器とネットワークで接続されたパソコンのWebブラウザからの要求により、次のデータ表示を行う。
Webブラウザ画面を表示中は表示データの更新が行われる。
・携帯現在値:アナログ入力8点の現在値と当日分1時間毎のトレンドデータ、または最大アナログ入力64点、接点入力128点の現在値を携帯画面に表示する。
(ただしFOMAの仕様上、携帯のWebブラウザから見ることはできません。)
・現在値表示:最大アナログ入力64点、接点入力128点の現在状態を1画面で表示する。表示データは10秒にて更新する。
・トレンドグラフ表示:アナログ入力8点を折れ線グラフ表示する。同時にアナログ入力8点を実量値で表示する。
系列データ7日分をトレンドグラフ表示する。最大4画面32点を表示する。
・トレンドデータ数値表示:アナログ入力8点の系列データ7日分を数値表示する。最大4画面32点を表示する。
・警報履歴表示:過去に発生した警報履歴を事象が発生した順にタイムスタンプ付で表示
・帳票表示:日報11日間(当日含む)、月報13か月間(当月含
む)、年報2年間(当年含む)を表示する。
FTP機能:トレンド記録データファイル、異常・運転履歴ファイル、日報・月報・年報ファイルを定時刻または毎時、指定されたパソコン(ネットワーク接続)のフォルダにファイル転送する。PORTモードとPASVモードに対応。パソコンのWebブラウザからFTP要求をすることも可能です。(ファイルのデータフォーマットは固定)

その他の機能
設定機能
・ビルダ設定:専用のビルダソフトをインストールしたパソコンから、本器が持つ機能の各種設定が可能(パソコンはお客様にてご用意ください。)
制御機能:0.5秒周期で合わせて64個のリレー回路を組むことが可能
・ロジック制御機能:内部接点出力(Do4点、ただしUPSバックアップ使用時Do3点)および外部接点出力を利用して、簡潔な論理制御が可能
・アナログ演算機能:アナログ入力を四則演算し、ユーザ固有のWeb画面へ表示可能
Web画面作成機能:ユーザ固有のWeb画面を構築することが可能
時計自動調整機能:指定時刻にNTPサーバ(時刻サーバ)に接続して、時計の自動修正をすることが可能

リモートI/O対応表

システム構成例

© 2011 株式会社エム・システム技研