*一部表示できない項目がございます。
詳細につきましては仕様書PDFをご参照ください。


BA3-CM10

リモート制御・監視システム BA3 シリーズ

BAコントローラ

主な機能と特長
●R3シリーズのベースに実装し、BAコントローラとして機能
●IEC 61131-3に準拠したソフトロジック機能
●RS-485 2線式(Modbus-RTUに対応)
アプリケーション例
●小規模ビル監視システム

形式:BA3-CM10

価格
基本価格 180,000円

ご注文時指定事項
・形式コード:BA3-CM10

関連機器
・リモートI/O変換器R3シリーズ
(通信がシングルの入出力カードのみ)
・コンフィギュレータソフトウェア(形式:R3CON)*1
・BA3シリーズPAC用プログラミングツール
(形式:BA-CDS35)*1
・BA-CDS35 MODBUSライブラリ(形式:MSYSMODBUS)*1
BA-CDS35にこのライブラリを追加することにより、
Modbus-RTU(マスタ、スレーブ)やModbus/TCP(マスタ、スレーブ)に対応。
*1.弊社のホームページよりダウンロードが可能です。

付属品
・終端抵抗器110Ω(0.25W) 2個

機器仕様
接続方式
・Ethernet:10BASE-T/100BASE-TX用RJ-45モジュラジャック
・RS-485:コネクタ形スプリング端子台
(適用電線サイズ:0.2~1.5mm2、剥離長:10mm)
・内部通信バス:ベース(形式:R3-BS□)に接続
・内部電源:ベース(形式:R3-BS□)より供給
ハウジング材質:難燃性樹脂
トグルスイッチ:RUN、OP、STOP
アイソレーション:Ethernet-RS-485-内部通信バス・内部電源間
バックアップ電池:リチウム一次電池
機能設定用ディップスイッチ:自動起動、SRAMクリア
状態表示ランプ:RUN、ERR、READY、LNK、USR、LOGIC
RS-485状態表示ランプ:SD、RD、ERR

ソフトロジック仕様
IEC規格:IEC 61131-3
言語:Continus Function Chart(CFC)、
Function Block Diagram(FBD)、Instruction List(IL)、
Ladder Diagram(LD)、Sequential Function Chart(SFC)、
Structured Text(ST)
ファンクション:デジタル入出力、アナログ入出力、演算
使用可能入出力点数
・R3 I/O:アナログ入力最大256点/出力最大256点
デジタル入力最大1024点/出力最大1024点
プログラム容量:プログラム 1.5MB、データ 1MB、
ソース 800kB
不揮発性データ領域:224kB(RETAIN 128kB、フラグメモリ
96kB)、PERSISTENT(32kB)

Ethernetポート仕様
伝送モード:AUTO(100Mbps全二重、100Mbps半二重、
10Mbps半二重)
トポロジ:スター型
伝送媒体:シールド付ツイストペアケーブル(STP)
カテゴリ5/5e以上
伝送距離:100m
対応機能:Modbus/TCPスレーブ、Modbus/TCPマスタ、
CODESYS(ゲートウェイ、ネットワーク変数)、
汎用通信(TCP/IP、UDP/IP)、DHCP、DNS、SNTP、
Modbus/TCP

RS-485仕様
通信方式:半二重非同期式無手順
通信規格:TIA/EIA-485-A 準拠
伝送距離:500m以下
伝送速度:4800、9600、19200、38400、57600、
115200bps
ノード数:最大16台(マスタ除く)
対応機能:Modbus-RTUスレーブ、Modbus-RTUマスタ、
汎用通信

設置仕様
消費電流:220mA
使用温度範囲:0~55℃
使用湿度範囲:30~90%RH(結露しないこと)
使用周囲雰囲気:
腐食性ガス、ひどい塵埃のないこと
強電界、強磁界の発生がないこと
本体に直接振動や衝撃がないこと
取付:ベース(形式:R3-BS□)に取付
質量:約330g

性能
バッテリバックアップ対象:RTC、S-RAM、不揮発性データ範囲
バックアップ時間:非通電時5年間、通電時10年間
カレンダ時計:月差3分以下(周囲温度25℃のとき)
絶縁抵抗:100MΩ以上/500V DC
耐電圧:Ethernet-RS-485-内部通信バス・内部電源間
1500V AC 1分間
供給電源-FG間(電源カードにて絶縁)
2000V AC 1分間

パネル図

設定方法については、取扱説明書をご参照下さい。

通信ケーブルの配線

外形寸法図(単位:mm)

ブロック図・端子接続図

システム構成例

© 2011 株式会社エム・システム技研