*一部表示できない項目がございます。
詳細につきましては仕様書PDFをご参照ください。


TR3EX

TR30専用通信カード
(Modbus/TCP(Ethernet)用)

概要
●TR3EXは、TR30専用のModbus/TCP(Ethernet)用通信カードです。入出力カードの種類が豊富なリモートI/O R3シリーズと組合せて使用します。

形式:TR3EX-R

価格
基本価格 35,000円

ご注文時指定事項
・形式コード:TR3EX-R

供給電源
◆直流電源
R:24V DC(許容範囲 ±10%、リップル含有率 10%p-p以下)
*、電源カードと併用する場合は使用できません。
  通信の2重化時は使用できません。

関連機器
・リモートI/O変換器R3シリーズ
・コンフィギュレータソフトウェア(形式:R3CON)
コンフィギュレータソフトウェアは、弊社のホームページよりダウンロードが可能です。
本器をパソコンに接続するには専用ケーブルが必要です。
対応するケーブルの形式につきましては、ホームページダウンロードサイトまたはコンフィギュレータソフトウェア取扱説明書をご参照下さい。

機器仕様
接続方式
・Ethernet:RJ-45モジュラジャック
・内部通信バス・内部電源:ベース(形式:R3-BS□)に接続
・供給電源・RUN接点出力:M3ねじ端子接続
 (締付トルク0.5N・m)
推奨圧着端子:R1.25-3(日本圧着端子製造、ニチフ)
(スリーブ付圧着端子使用不可)
(適用圧着端子サイズの図を参照)
・適用電線:0.75~1.25mm2
端子ねじ材質:鉄にニッケルメッキ
アイソレーション:Ethernet-内部通信バス・内部電源-供給電源-RUN接点出力-FG間
入力データ設定:異常時の入力値を側面ディップスイッチにより設定
メイン/サブ切替設定:側面のディップスイッチにより設定
スロット割付設定:側面のディップスイッチにより設定
RUN表示ランプ:赤/緑2色LED
交信正常時 緑色点灯、データ受信時 赤色点灯
(ディップスイッチにて切替)
ERR表示ランプ:赤/緑2色LED
交信異常時 緑色点灯/点滅、データ送信時 赤色点灯
(ディップスイッチにて切替)
■RUN接点出力
RUN接点:RUN表示ランプが緑色点灯時ON(Ethernet交信正常時ON)
定格負荷:250V AC 0.5A(cosφ=1)
30V DC 0.5A(抵抗負荷)
(EU指令適合品として使用する場合は50V AC以下となります。)
最大開閉電圧:250V AC  30V DC
最大開閉電力:250VA(AC) 150W(DC)
最小適用負荷:1V DC  1mA
機械的寿命:2000万回(300回/分)
誘導負荷を駆動する場合は接点保護とノイズ消去を行って下さい。

Ethernet仕様
通信規格:IEEE 802.3u
伝送種類:10BASE-T/100BASE-TX
伝送速度:10/100Mbps(Auto Negotiation機能付)
制御手順:Modbus/TCP
データ:RTU(Binary)
コネクション数:2個
伝送ケーブル:10BASE-T(STPケーブル カテゴリ5)
100BASE-TX(STPケーブル カテゴリ5e)
セグメント最大長:100m
Ethernet表示ランプ:LINK、DPLX、LINK10、LINK100、COL
IPアドレス:コンフィギュレータソフトウェア(形式:R3CON)にて設定、変更可能(初期値:192.168.0.1)
Port番号:502

設置仕様
消費電力
・直流電源:約12W
出力電流:20V DC 250mA(連続)
400mA(10分間)
使用温度範囲:-10~+55℃
使用湿度範囲:30~90%RH(結露しないこと)
使用周囲雰囲気:腐食性ガス、ひどい塵埃のないこと
取付:ベース(形式:R3-BS□)に取付
質量:約200g

性能
絶縁抵抗:100MΩ以上/500V DC
耐電圧:Ethernet-内部通信バス・内部電源-供給電源-
RUN接点出力-FG間
1500V AC 1分間

適合規格
適合EU指令:
電磁両立性指令(EMC指令)
 EMI EN 61000-6-4
 EMS EN 61000-6-2
RoHS指令
 EN 50581

パネル図

Modbus I/O割付

伝送データ

カード情報、異常情報、データ異常情報

入出力データ
以下に代表的な入出力カードのデータ配置を示します。
入出力カードの詳細なデータ割付けは、それぞれの取扱説明書を参照して下さい。

外形寸法図(単位:mm)・端子番号図

ブロック図・端子接続図
EMC(電磁両立性)性能維持のため、FG端子を接地して下さい。
注)FG端子は保護接地端子(Protective Conductor Terminal)ではありません。

システム構成例

© 2011 株式会社エム・システム技研