*一部表示できない項目がございます。
詳細につきましては仕様書PDFをご参照ください。


KUWTN

プラグイン形電力用トランスデューサ K・UNIT シリーズ

電力トランスデューサ
(補助電源不要、積算用パルス出力付)

主な機能と特長
●VTとCTからの信号を入力して有効電力を演算し、直流信号と積算用パルス信号の両方を出力
●積算用パルス出力は単位パルス(Wh×10n)に変換して出力
●電力の潮流系統でも使用可
●直流出力信号はコンピュータ入力に適した低リップル直流信号
●不平衡負荷の検出に適した2電力計法を採用
●ひずみ波に強い時分割乗算方式
●パルス出力はオープンコレクタと パワーフォトMOSリレー出力を用意
●JIS C 1111準拠
●密着取付可能
●補助電源不要
アプリケーション例
●工場、ビル設備などの工程別消費電力の積算をしてコスト管理

形式:KUWTN-①②③④⑤

価格
基本価格
三相3線式 82,000円
単相2線式 75,000円
単相3線式 77,000円
三相4線式 97,000円
加算価格
・オプション仕様により加算あり。

ご注文時指定事項
・形式コード:KUWTN-①②③④⑤
 ①~⑤は下記よりご選択下さい。
 (例:KUWTN-11A4/Q)
・オプション仕様(例:/C01/S01)
・入力レンジ(例:0~750W)
・パルス(例:6.666Wh/pulse)
(積算用パルス出力の算出例)
VT 3300V/110V、CT 250A/5A、トランスデューサ入力レンジ750〔W〕の場合
●パルス単位 10〔kWh/pulse〕の場合
10〔kWh/pulse〕÷((3300/110)(250/5))
=6.666×10-3〔kWh/pulse〕
=6.666〔Wh/pulse〕
●パルス定数 150〔pulse/kWh〕の場合
1÷150〔pulse/kWh〕
=6.666×10-3〔kWh/pulse〕
=6.666〔Wh/pulse〕
一次側では
150〔pulse/kWh〕÷((3300/110)(250/5))
=0.1〔pulse/kWh〕
●周波数0.03125Hz(100%入力時)の場合
750〔W〕÷(0.03125〔Hz〕×3600〔s〕)
=6.666〔Wh/pulse〕

①種類
1:三相3線式
2:単相2線式
3:単相3線式
4:三相4線式

②入力信号(不平衡回路用)
1:110V/5A AC
2:110V/1A AC
3:220V/1A AC
4:220V/5A AC
5:220V/380V/1A AC(三相4線式のみ)
6:220V/380V/5A AC(三相4線式のみ)
7:110V/190V/1A AC(三相4線式のみ)
8:110V/190V/5A AC(三相4線式のみ)
A:100V/200V/1A AC(単相3線式のみ)
B:100V/200V/5A AC(単相3線式のみ)

③直流出力信号
◆電流出力
A:4~20mA DC(負荷抵抗 600Ω以下)
B:2~10mA DC(負荷抵抗 1200Ω以下)
C:1~5mA DC(負荷抵抗 2400Ω以下)
D:0~20mA DC(負荷抵抗 600Ω以下)
E:0~16mA DC(負荷抵抗 750Ω以下)
F:0~10mA DC(負荷抵抗 1200Ω以下)
G:0~1mA DC(負荷抵抗 12kΩ以下)
J:0~5mA DC(負荷抵抗 2400Ω以下)
GW:-1~+1mA DC(負荷抵抗 10kΩ以下)
Z:指定電流レンジ(出力仕様参照)
◆電圧出力
1:0~10mV DC(負荷抵抗 10kΩ以上)
2:0~100mV DC(負荷抵抗 100kΩ以上)
3:0~1V DC(負荷抵抗 1000Ω以上)
4:0~10V DC(負荷抵抗 10kΩ以上)
5:0~5V DC(負荷抵抗 5000Ω以上)
6:1~5V DC(負荷抵抗 5000Ω以上)
1W:-10~+10mV DC(負荷抵抗 10kΩ以上)
2W:-100~+100mV DC(負荷抵抗 100kΩ以上)
3W:-1~+1V DC(負荷抵抗 1000Ω以上)
4W:-10~+10V DC(負荷抵抗 10kΩ以上)
5W:-5~+5V DC(負荷抵抗 5000Ω以上)
0:指定電圧レンジ(出力仕様参照)

④積算用パルス出力信号
2:オープンコレクタ出力
3:リレー接点出力(水銀リレー)
(本コードは生産中止となりました。代替コードとして4をご利用下さい。)
4:パワーフォトMOSリレー出力

⑤付加コード
◆オプション仕様
無記入:なし
/Q:あり(オプション仕様より別途ご指定下さい。)

オプション仕様(複数項指定可能)
◆コーティング(詳細は、弊社ホームページをご参照下さい。)
/C01:シリコーン系コーティング +500円
/C02:ポリウレタン系コーティング +500円
/C03:ラバーコーティング +500円
◆端子ねじ材質
/S01:ステンレス +500円

機器仕様
構造:プラグイン構造
接続方式:M3.5ねじ端子接続
端子ねじ材質:鉄にクロメート処理(標準)または、ステンレス
ハウジング材質:難燃性黒色樹脂
アイソレーション:電圧入力-電流入力-直流出力-積算用パルス出力間
動作方式:時分割乗算
出力範囲(直流出力):約-10~+120%(1~5V DC時)
ゼロ調整範囲(直流出力):-5~+5%(前面から調整可)
スパン調整範囲(直流出力):95~105%(前面から調整可)

入力仕様
周波数:50/60Hz共用
●電圧側
動作入力範囲:定格電圧の85~110%
過電圧強度:定格電圧の1.5倍(10秒)、1.1倍(連続)
●電流側
動作入力範囲:定格電流の0~120%
過電流強度:定格電流の10倍(3秒)、2倍(10秒)、1.2倍(連続)
■入力レンジ
VTおよびCTを外付けした場合、
電力トランスデューサ入力〔W〕=一次側の定格電力〔W〕÷
{(VT比)×(CT比)}
で算出した値が、次の表中の製作可能入力範囲内であれば製作可能です。

出力仕様
■直流出力信号
●電流出力(製作可能範囲)
出力電流範囲:0~20mA DC
(負電流出力は±1mA DCのみ)
スパン:1~20mA
出力バイアス:出力スパンの1.5倍以下
許容負荷抵抗:トランスデューサの出力端子間電圧が12V以下になる抵抗値
●電圧出力(製作可能範囲)
出力電圧範囲:-10~+12V DC
スパン:5mV~22V
出力バイアス:出力スパンの1.5倍以下
許容負荷抵抗:負荷電流が1mA以下になる抵抗値
(ただし出力が0.5V以上のとき)
■積算用パルス出力信号
入力に比例した周波数で出力します。
入力が0Wのとき出力周波数は0Hzです。
(約0.5~1.0%でドロップアウト)
入力100%に対応する出力周波数の最大値は27.77Hzです。ただし、一般には0~2.777Hzの間で使用します。
出力オン時間:0.025s以上
ただし、最大出力時の周波数が1Hz未満であり、
ロータリスイッチS5の設定値が0以外のときは0.150s以上
◆パワーフォトMOSリレー
接点定格:120V(AC/DC)/100mA(抵抗負荷)
最大オン抵抗:10Ω
◆オープンコレクタ出力
出力容量:35V DC/100mA
出力オン電圧:1V以下(100mA時)
●パルス単位:パルス単位とは、1パルスがVT・CT の一次側で実際何kWhに相当するかを表しています。たとえば
10kWh/pulseとは1パルスがくると、VT・CTの一次側で
10kWhの電力量が使用されたということです。
●パルスの設定:本器ではVT比、CT比、電力トランスデューサの入力電圧レンジとロータリスイッチの設定値によりパルスが決定されます。ロータリスイッチS1、S2、S3、S4、S5の設定値a1、
a2、a3、a4、a5 は下式によって決められます。
(VT比×CT比×トランスデューサ入力レンジ〔kW〕)÷(2.777〔Hz〕×3600〔s〕×10×パルス単位〔kWh /pulse〕)
=0.****×10-*=0.〔a1〕〔a2〕〔a3〕〔a4〕×10-〔a5〕
として各ロータリスイッチに対応させます。
(例)VT 3300V/110V、CT 250A/5A、パルス単位
10〔kWh/pulse〕、トランスデューサ入力レンジ
1000〔W〕の場合
(3300/110×250/5×1〔kW〕)÷(2.777〔Hz〕×3600〔s〕×10×10〔kWh/pulse〕)
=0.1500×10-2
ロータリスイッチの設定値は
S1=1 S2=5 S3=0 S4=0 S5=2となります。
なお各ロータリスイッチの設定可能値は以下の通りです。
a1~a4は0、1、2、・・・・9
a5は0、1、2、・・・・6まで設定可能です。

設置仕様
使用温度範囲:-10~+55℃
使用湿度範囲:30~85%RH(結露しないこと)
取付:壁またはDINレール取付
質量:約550g

性能(スパンに対する%で表示)
許容差(温度、周波数の影響を含む):±0.5%
・温度の影響:23±10℃
・周波数の影響:45~65Hz
応答時間:2s以下
(最終定常値の±1%以内に収まるまでの時間)
出力リップル:0.5%p-p以下
絶縁抵抗:100MΩ以上/500V DC
耐電圧:電圧入力-電流入力-直流出力-大地間
2000V AC 1分間
積算用パルス出力-電圧入力・電流入力・
直流出力・大地間 
1000V AC 1分間
インパルス耐電圧:入力一括-出力・大地間
1.2/50μs ±5kV

パネル図

端子接続図

外形寸法図(単位:mm)・端子番号図

© 2011 株式会社エム・システム技研